GMOクリック証券「外為オプション」の新ルール

外為オプションの新ルールで稼ぐ!


外為オプションは、レンジオプションがサービス終了となりました。現在はラダーオプションのみとなっています。

あのGMOクリック証券のバイナリーオプション「外為オプション」が取引ルールが新しくなって「新・外為オプション」として生まれ変わりました。新しい外為オプションの取引ルールについてご紹介します!

取引ルールは3種類!相場に合わせて自分の有利なように使い分ける!

外為オプション新ルールから大幅に変わったのは取引方法。以前は二者択一のHIGH&LOW取引だったのですが、新ルールからはパワーアップして「ラダー・レンジイン・レンジアウト」の3種類を使い分けられるようになりました!


【外為オプション3つの取引ルール】
ラダー・・・・7本のレートが提示されており、その中から目標レートを選びHIGHかLOWかを選ぶ。
レンジイン・・・・6つのレンジの中から選択でき、判定時刻にレンジ内に収まっているかを予測する取引。
レンジアウト・・・・6つのレンジを選択でき、その選択したレンジが判定時刻にはずれているかを予測する取引。

新ルールを上手に使い分ける方法は?

FX取引の場合、ボックス相場の場合は利益を狙っていくのが難しいのですが、バイナリーオプションの場合は、相場が動かないときでも積極的に利益を狙えます。新ルールから、レンジインが選べる事で、動かない相場のときには、かなり有利に取引が行えるようになりました☆

レンジアウトでは、相場が動くときには有利に取引ができますね!極端に動く相場、極端に動かない相場は取引が難しいんだけど、外為オプションで取引をすれば、FX取引より遙かに簡単に利益を狙った取引ができます!

新外為オプションになってから、相場に合わせて取引方法を選ぶ事ができるようになったので、新ルールではトレーダーにかなり有利な取引ができるようになりましたね。


新ルール、最短判定時間は旧ルールの5分の1!?

外為オプションの新ルールの最短判定時間は2分後と、以前の10分間と比べると、5分の1となりました。ただ、1回の回号時間が3時間と伸びましたので、最短判定時間で取引するチャンスは1営業日で10回となっています。

ただ、取引時間が伸びたといっても、1回号の2時間58分間の間は新規購入や保有しているオプションの転売が行えます。転売のメリットは、損失を最小限に抑えられる事や、購入したタイミングやレートによって転売価格が購入価格を上回り、利益が発生する場合もあります。


狙いは判定時間ギリギリ!

新ルールになってからは、判定時間ギリギリまで取引ができるので、なるべく判定時間に近くなったら新規購入して予測を立てやすく、勝てる確率も高くなります。保有しているオプションも、判定時間に近くなったらチェックをして、予想が当たらなさそうであれば、転売をして損失額を抑えましょう。

ペイアウト1000倍の可能性もある

外為オプションの最低購入金額は1枚1円から。購入金額は変動制となっており、購入するレートや、判定時間までの残り時間で変動しています。ペイアウトは1枚1,000円固定。1円でチケットが購入でき、予想が的中すれば1円のチケットが1,000円になります!


判定時間に関係なくペイアウトは固定

判定時間の2分前にチケットを購入しても、3時間前にチケットを購入しても、ペイアウト額は変わらずに1,000円固定です!ただし、判定時間に近くなればなるほど、チケットの購入金額もあがるので、残り時間と購入金額とのバランスを取る事が大切!


チケットの金額で予想できる!

新ルールでは、ペイアウトと購入金額の差額分が利益になります。予想的中率の高いチケットほど、購入金額は高くなりますが、裏を返せば購入金額が高いものを買えば当たりやすいという事!堅実に取引をするなら、チケット代がペイアウトと近いものを選べばいい!どっちを選ぶかはあなた次第です(*´▽`*)

ページTOPに戻る
厳選!おすすめのFX口座
人気記事ランキング
このサイトについて

著者紹介

名前:元金融OL(鼻炎)
FXで大損こいて、OLしながらコツコツ貯めた約200万円の貯金を溶かしたがFXで取り返した。次は1億稼いでハワイに移住する事を目標に日々FXをしている。