ヒラリー「おい、為替操作してんじゃねえよ潰すぞ」→円高に…

「また為替操作したら覚えてろよ^^」ヒラリー・クリントン激おこで円高に


ゆとりでも分かるFX為替ニュース

年末の円安から一転、2016年に入ってから9円近くの円高に…。

景気回復を掲げているので企業決算が近い今、赤字が相次ぐと「自民党の景気対策で景気は回復できていない」という事になってしまいます。

そこで、アベノミクスで円安株高に持っていましたが…。それにいよいよヒラリー・クリントンがガチギレ。



「過去に何度も為替操作をして輸出価格を抑えてる国がある。日本と中国、お前らだよ!!」

と、名指しで注意されてしまったのです。

げげっバレた!って感じですね。(日本政府は否定しているけど。っていうかアメリカもやってたけどね)

為替操作は、ある程度までは暗黙の了解で許されていますが、実際はやってはいけないことです。円安になれば、必然的にドル高になるので、どうしてもWin-Winとはならないんですね。

なので、為替操作があまりに行き過ぎると他の国から反感が出てきます。

今回の急な円安に対してヒラリーは「お前らが為替介入するなら受けてたってやる」
無理やり円安にして輸出価格を下げても。こっちは関税でもなんでも手段選ばずに対抗するぞ。このまま続けたらどうなるか分かってんだろうな」と、かなりお怒りの様子。

名指しで注意された日本は、建前上「為替操作はやっていない」という事になっていますが、円安誘導を続ける事はできず、今の円高状態になっています。



2016年半ばには円高で1ドル100円の可能性も?全ては米国の大統領選挙にかかってる

今、米国大統領選挙をしています。ここで、ヒラリーが大統領になった場合、「為替操作の対抗措置を取る」という事を実行する予定のようです。

今の状態では、ヒラリーには関税どうこう等、為替操作に関する対抗措置をとる事はできません。ですが、ヒラリーが大統領になったら話は別です。

一気に、為替操作に対しての対抗措置を進めるはずなので、日本は今までの円安誘導ができず、どんどん円高になっていく可能性が高くあります

ヒラリー・クリントンが大統領にならないまでも、選挙でヒラリーの支持が大きいことが証明された場合でも、為替操作対抗措置は進められると思います。

今回、米国大統領選挙でも為替レートへの影響が大きくありそうなので、注目して見ておきましょう!

【2016年11月追記】

ヒラリーが大統領選に敗れ、トランプが次期大統領に決定しました。選挙中に一時はドル円が101円台になりましたが、その後は112円までじわじわと上げてきています。今後のTPP問題や12月の利上げで、ドル円がどう動いていくのか注目しておいた方が良さそうです。



ページTOPに戻る

【おススメ!】元金融OLが愛用中の口座

人気記事ランキング

このサイトについて

著者紹介

名前:元金融OL (鼻炎)
金融機関でOLをしているときにFXで溶かした200万を取り返したので、次は1億稼いでハワイに移住する事を目標に日々FX取引をしています。