SBIFXトレードってどうなの?[評価/評判]

SBIFXトレードの評判まとめ


SBI FXトレード

SBI FXトレードを使用した感想を元金融OL目線でレビューします。1通貨から取引できたり、こだわった取引ツールやアプリを提供しています。たくさんのFX会社がある中で、SBI FXトレードを選ぶ理由がどこにあるのか探します。

SBIFXトレードの評価/評判まとめ

コスト C
スプレッドや取引手数料などの売買コスト

米ドル/円のスプレッドは業界トップの狭さで、1,000通貨以下の取引なら原則固定です。しかし、1,001通貨以上の取引は原則固定ではありません。米ドル/円のスプレッドは、2銭以下になる時もあれば、7銭以上の時もあります。7銭以上動く相場狙わないとコスト負けすることになります。

チャート機能 B
操作性・機能性など使いやすさ

最大30チャート同時表示できたり、テクニカル指標は29種類。チャートから注文もできます。高機能なのはわかりますが、ちょっとこだわりが強くてクセがあるので正直使いにくいです。とくにレートは小数点以下4桁表示でちょっと細かくて見にくい。

情報量 B
マーケット情報の速さや充実度

MarketWin24とグローバルインフォ24のマーケット情報がみれます。注目通貨トピックスなど独自レポートも配信しています。

サポート C
24時間体制や対応力

電話サポートが平日PM5:00までと短いです。

信頼性 S
財務の健全性、口座数や預かり残高など

SBI FXトレード証券は、SBIグループです。SBIグループはSBI証券や住信SBIネット銀行などの金融ビジネスを幅広く展開しています。SBI FXトレードの財務の健全性は高く、資産を預けるという点で安心できます。

短期取引 C
短期取引向けの注文機能有無やスキャルピング可否。通知機能など

スプレッドが拡がるのと、取引ツールやアプリが使いにくいであまりおすすめできません。スキャルピングは禁止です。

長期運用 A
高金利通貨を扱っている。スワップポイントが高い

積立FXというドル・コスト平均法を用いたスワップポイントを貯める積立サービスがあります。積立FXはスワップ運用を自動で行ってくれるのが特徴です。ただ買いスワップが高いわけではないので、同じ方法を手動でスワップ運用するなら、もっとスワップポイントの高いFX会社がおすすめです。

初心者 C
少額取引・低コスト・サポート・知識コンテンツなど

取引ツールがわかりづらいのと、電話サポートが平日17時までなので、初心者向けとはいえません。

客観的総合評価 C

1通貨の取引にこだわらないなら、SBI FXトレードを選ぶ理由はないかと思います。人気があるFX会社ですが、

評価ランクの説明

超個人的評価
デモ取引よりか5円でもお金を使って取引した方が勉強になるのは確かです。約5円の証拠金で1通貨から取引できる特徴がありますが、これでは全然利益が出ないですね。1,001通貨以上は取引コストが高くなる点と取引ツールが癖が強い点が残念です。

FXランキング

SBI FXトレードの特徴

1ドルから取引できることと、積立FXがSBI FXトレードの特徴です。

SBI FXトレードで取引するメリット

1ドルから取引できる

FXで少額取引といえば1,000通貨ですが、SBI FXトレードは1ドルから取引できます。1ドルなら証拠金は5円で取引できるので、投資がまったくの初めてでちょっと怖いと思っている方には損失額も少ない1ドル取引は向いているでしょう。

ただ、1ドルで取引してもまったく儲からないので、なんのためにFXやるのか疑問です。FXはレバレッジをかけることで小さい値動きでも大きな利益を上げることができる商品なので、その特性を活かさない限り利益は増えません。

FX難しそう、リスクが怖い場合でも1,000通貨以上の取引をおすすめします。1,000通貨から取引できるFX会社はたくさんあるので、SBI FXトレード以外の選択肢が増えます。

自動購入の積立FXという商品

SBI FXトレードは、スワップポイントが高いFX会社ではありませんが、ドル・コスト平均法の手法のスワップ運用のサービスはいい感じだと思います。

購入する通貨と1ヶ月の購入金額と頻度を決めて、あとは自動で購入してくれるので、基本的に放置でスワップポイントを貯めていきます。

簡単にスワップ運用ができる商品ですが、スワップポイントが高くないのが残念。あと、自動購入なので放置気味になってしまうと、スワップポイントは貯まっても為替差益がマイナスになってスワップポイントを上回る損失がでる可能性もあるので、積立FXがいくら自動だからといってもやる時は放置しないようにしましょう。

ドル・コスト平均法とは
ドル・コスト平均法は、毎月投資する金額を決めて、円安の時は少なく、円高の時は多く購入することで、購入価格を平準化させる方法です。

SBI FXトレードを選ばない理由

サービス自体は良さそうなので、いざ口座作って取引する時に初めて気づくことがあります。それは、取引ツールやアプリが使いにくいということです。これは本当に残念。

取引ツールが感覚的に使えない

たとえば、「通貨ペアを変えたい時、通貨ペアのアイコンをタップしたら通貨一覧が表示されて通貨ペアを変更できる。」という操作がほとんどのFX会社の取引ツールでできることですが、SBI FXトレードのアプリではできない。など、ちょこちょこ他のFX会社と仕様が違うので、最初は戸惑います。癖があるとか使いにくいというよりか、高機能なので上級者向けということでしょう。

スプレッドが広い

1,001通貨以上はスプレッドが原則固定ではありません。米ドル/円スプレッドの配信率を見ると0.17~7.80です。0.2銭以下の時間帯を狙って取引できればいいですが、米ドル/円1万通貨の取引に780円のスプレッドは払いたくないです・・・。

SBI FXトレードは初心者向け?

1ドルから取引できる点をみれば、リスクが心配な初心者向けとも言えなくないですが、取引ツールは経験者向けです。また、電話サポートが24時間体制ではないことやスプレッドが広い点を考えると、もっと初心者の人が取引しやすいFX会社は他にもあるよって教えたくなります。

SBI FXトレードの安全性と信頼性

SBI FXトレードは、SBI証券、住信SBIネット銀行、SBI損害保険などと同じSBIグループ会社です。自己資本規制比率を毎日開示するなど財務状況は健全です。

まとめ

SBI FXトレードは、高機能なだけに直感的に使いにくいツールになってしまったり、取引数量によってスプレッドが拡がる点が改善されればもっと万人受けするFX会社だと思います。サービスが特徴的なので、投資スタイルによって向き不向きにわかれます。SBI FXトレードを使うなら他のFX会社との使い分けが必要になるでしょう。

21社のFX会社の評判が丸わかり!元金融OLがFX会社を格付け
SBI FXトレードに興味がある方におすすめのFX会社
DMM FX
国内口座数第1位(*)
ヒロセ通商
低スプレッド&1,000通貨
トライオートFX
設定が簡単な自動売買
(*)2020年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ
ページTOPに戻る
厳選!おすすめのFX口座
人気記事ランキング
このサイトについて

著者紹介

名前:元金融OL(鼻炎)
FXで大損こいて、OLしながらコツコツ貯めた約200万円の貯金を溶かしたがFXで取り返した。次は1億稼いでハワイに移住する事を目標に日々FXをしている。