イギリスはEU離脱

離脱派勝利。イギリス国民投票結果時の支持率と相場変動の時系列のまとめ

イギリスの国旗

イギリスがEU離脱することが決まりました。このページは、EU離脱問題からEU離脱確定までの相場のへ動きや過去の相場予想をまとめたページです。


7:00 開票作業開始
開票作業が進められている途中。投票を済ませた人対象の世論調査の結果、残留52%、離脱48%。市場の残留予想が高かったため、この調査結果を受けての相場変動はたいして無い。米ドル円106.609円、英ポンド円159.578。
8:30
開票結果が順次発表されている中、注目地域だったサンダーランドの開票結果が残留38.7%、離脱61.3%という結果を受ける。その影響で英ポンドのリスク売りが進み、英ポンドは157円台から147円台まで10円近く暴落。円買いでの円急騰もあり、米ドル円は103.67円と3円暴落した。
9:10
サンダーランドの途中開票結果を受けて英ポンドの売りが強くなったが、まだ残留期待が残ったためか、英ポンドは7円反発し154円半ばまで上昇。つられてドル円も105円まで上昇する形となった。
10:00
英国国民投票の開票作業は進んでいる。残留の可能性はまだ高いと見られていたものの、開票結果での乱高下していた。米ドル円は103.252円~105.699円、英ポンド円は144.826円~153.931円で推移していた。
11:00
開票作業終了を目前にして、やや落ち着いている状態。米ドル円は104円台で推移、英ポンド円は144円~145円での推移となっていた。11時時点では離脱418万9614票、残留414万9052票という結果になっていたが、欧米市場ではまだ残留への見方が強くあった。
12:00
382地域のうち144地域の開票作業が終了。離脱派が0.9%高い結果となってポンド売り加速。米ドル円は98.653円と大きく円高に振れた。
13:00
英国ニュースで離脱派勝利予想の速報が。米ドル円、英ポンド円はともに上値が重たい状態。米ドル円は99円半ば、英ポンド円は132円台。
14:00
離脱支持派が上回っていることを受けて、リスク回避の円買いは止まらない状態に。麻生財務相による記者会見があったが「協調介入」についての積極的な意見はなく、円安を止める材料にはならなかった。
15:00
米ドル円は102円台、英ポンド円は139円台で推移。離脱の可能性が高まる中、ドル買いも進んだことで円高の勢いにストップがかかった。
16:00
ドル買いが進んだことによりドル円は103円手前まで上昇。対ポンドでは140円に触れるか触れないかという相場になっていた。英国のEU離脱ショックで日経平均は大幅反落した。
17:00
英国のEU離脱が決定的に。離脱でのドル買いが進んだことで米ドル円は102円~103円での推移と下値は堅い状態となった。

6月24日

《16:05更新》 EU離脱確定。有事のドル買いで米ドル円は102円台をキープ

イギリス国民投票の結果は、EU離脱確定しました。

大混乱で難しいことはよくわかりませんが、現在「有事のドル買い」(戦争の時に世界の中心の米ドルが買われる現状)が行われているという状況のおかげで、米ドル円の相場は102台をとりあえずキープしながら上昇しており、103円がメドになっているようです。


《14:31更新》 2/3の開票が終わってEU離脱確定の報道が増えているが米ドル円が急騰中?!

これは大変なことになりました。市場は大混乱で私もなかなか取引できず混乱しています。14時半、米ドル円が102円台まで急騰中。もしかして、開票結果が残留になったとか?そしたらもっと急騰しても良いと思うけど・・・

1時15分の財務相の会見で協調介入について話す段階ではないと言い、このコメントはそこまでレートに影響していません。でも、これからの相場は欧州時間に入ってからと協調介入観測に注意が必要です。


15時以降の取引のポイント

  • 介入に警戒せよ
  • 欧州時間の急落に備える
  • 全地域の開票結果が終わり結果確定時の変動に気をつける

《12:56更新》 離脱の可能性高まる。一時米ドル円100円割れ。現在は101円に回復

離脱が51%と残留を上回っており、麻生財務相は13時15分から会見を開くそうです。

イギリスのニュース番組で離脱派で勝利するという報道があり、さらに円高がすすむと予想できますが、意外にも101円を目指す動きになってります。本当わからん!

ただ、日経平均は急落し、一旦1100円も値が下がりました。


米ドル円98円に触れた!大暴落中。イギリス国民投票結果はほぼ離脱確定?

市場が大混乱しています。ポンドが25円暴落しています。

7時半から開票が始まり、時間が経つにつれて、開票地域が増えるほど残留の可能性が減っている。11時半ごろ382地区中111地区の開票が終わり50.3%が離脱支持ということで、相場が暴落。

ポンド円は134.442をつけ、2013年4月以来ぶり(?)の安値を更新。米ドル円は2013年以来の98円です。ここから反動上げはまだないと思われます。

ヒロセ通商のイギリス国民投票朝まで生ライブ!を見よう!

小林芳彦さんなど著名人6人による英国国民投票朝まで生ライブまで開催時間まであと3時間となりました!

ヒロセ通商は、今までの通貨ペアの攻略動画解説など、個人投資家向けに数々の企画を実施。そして今回も期待通り!いやいや期待以上のビックイベントです!
>> イギリス国民投票朝まで生ライブ!の詳細はこちら


6月23日

15時の相場状況

イギリスで国民投票が開始されたすぐあと15時11分に相場が円高に急落。米ドル円は、104.021から104.620。ポンド円は、153.464から154.503に急落しています。

かなり神経質な動きとなり、米ドル11分、ポンド円10分に急落してからは両通貨ペアは小刻みに様子見モードに入ったと思われます。なぜ下落したかは、わかりません。


23日イギリス国民投票日

国民投票日前日の昨日、両派は最後の国民への訴えを起こし、現在は残留になるとの情報が多いですので、相場も円安に向かっています。


米ドル円とポンド円のチャート

昨日のポンド円は円安に動き、152.848〜154.573で横ばいな値動き。今朝6時台に2円以上円安に動き、その後、154.86台で推移中。

一刻も早く相場が上がるか下がるか知りたいですよね。国民投票の結果がわかるのは日本時間24日のお昼頃の予定で、今日23日15時から投票が開始されるので、速報に注目。

投票率の目標は65%で離脱派に年配の人が多いことから投票率が目標よりも10%程度落ちると、離脱の可能性が高くなります。

投票数が多い少ないなど、速報されるのかわかりませんが、ロイター小林芳彦さんの速報を小まめにチェックしましょう。

23日24日のポンドと米ドル値動きの予想は円安!24日の取引チャンス逃さないために

23日と24日の相場は(円安)英ポンド高になる!!

というのが私の予想です。でも実は離脱支持は、年配の人が多いとのこと。イギリス国民の選挙にいく層が年配ばかりだったとしたら・・・。目標投票率の65%に届かなかった場合、離脱する可能性が上がる。

国民投票の状況を知らせる報道のタイミングで相場が大荒れ・混乱することは間違いないと思います。

途中の世論調査では、一旦離脱派が半数以上になり相場が円高になりましたが、このあと、離脱派の過激な行動(残留派の人を射殺した)から離脱を考え直す人が増えた?せいか、選挙の結果は「残留になるだろう」というのが世間の予想ですが、世論調査の結果は、ほぼ五分五分なので、離脱と残留、両方の結果になった場合の予想を書きます。

まずはイギリス国民投票の日本時間の日程

投票時間 : (日本時間)6月23日午後3時~24日朝6時
開票・集計・結果公表 : (日本時間)24日朝7時~おひるごろまで

投票結果の市場への影響度

イギリスはEU離脱するのか?残留するのか?私の予想とは別に「離脱した場合」と「残留した場合」の相場動向の予想を両方まとめてみました。

国民投票の結果から相場の値動きを予想する

離脱派が勝利した場合(相場が大きく下降)

  • 低リスクの円が買われる
  • 英ポンドが40円近く下降する
  • 日経平均は15000円を下回る
  • 米ドルが98円まで急落する

イギリスのEU離脱が決まったら、世界経済・政治に影響しますので、ポンドが売られ円が買われます。その値幅を深めに予想して40円程度という予想です。

そして、世界的に株価が下落し、日経平均16000円台から15000円を下回り、米ドル円は98円まで急落するであろうというのがイギリス国民投票で離脱派が勝利した場合に想定できる市場です。かなり混乱すると思われます。

残留派が勝利した場合(相場が上昇)

  • 世界が安堵に包まれる
  • 英ポンドが買い戻され、7円くらい上昇する
  • 日経平均が16000円後半まで上回る可能性が高い
  • 市場の注目が7月のFOMCの追加利上げに移行する

残留派が勝利したら、「よかったよかった」とみんなが安心して、英ポンドを買い戻し、相場は円安に向かいます。日経平均が大幅に上がる可能性があるので、米ドル円も円安に上昇します。そして、市場の注目がEU離脱から7月のFOMCに移行すると思います。

24日の取引チャンスの時間(日本時間で解説)

日本の個人投資家の取引チャンスは、24日のお昼からです!

お昼ごろが発表予定なので、相場が大きく動いたあとのトレンドに乗れると利益上げやすいです。

残留派が優位。残留派が勝利したら大きな取引チャンスは一瞬

23日は取引したくても、取引量が増え、システムの注文処理スピードが追いつかず、スプレッドが広がったり、注文が約定されない可能性が高いのでとてもリスキーな取引になります。個人投資家の取引チャンスは、24日の発表後の大混乱の後のトレンドに乗ることです。

ただ、残留派が勝利した場合、相場の関心が7月の(米)FOMCに移るので、英国民投票の結果の影響は限定的になると思います。なのて、取引チャンスは24日の1日だけ!と思った方が良いです。とくに米ドル円の市場の関心は(米)FOMCに移行します。

24日の取引で大事なことはFX会社の約定力の強さ

24日のポンド円相場は間違いなく取引量が増えるので、約定力の強いFX会社で取引しましょう。

たぶん、この記事を読んでくれている方のほとんどが、今まで約定力って気にしたことなかったと思います。

普段の取引しか経験したことない方の場合、約定力なんてどこも同じじゃない?と思ってると思いますが、どこも同じなのはスプレッドのほうです。スプレッドが狭い会社でも取引量が増えると、スプレッドが広がるのでスプレッドの狭さで取引口座を選んだら後悔します。

24日の取引で私が心配しているが、注文が約定されるかどうか、です。相場変動が激しい時、注文することができなければ、相場に参入できない。これこそ、一番痛いことです。

リーマンショックやスイスショックという言葉、聞いたことあると思います。約定力の弱いFX会社は倒産してますよね。

約定力が弱い=強制決済(ロスカット)できない=顧客の資産守れない

このような市場で取引する時こそ、約定力重視で取引システムを選ばないといけないと思いました。

約定力の強さを公式で発表しているのはヒロセ通商だけ!

成行約定率99.9%
約定スピード0.001秒

ヒロセ通商は、成行約定率が99.9%で約定スピードが0.001秒!めちゃくちゃ早い!これは、通常時で取引量が増えればもちろん変わるとは思いますが、システムサーバーの注文処理スピードを公式サイトでPRしているということは、相当自信があるからでしょう。

そして、英ポンド円のスプレッドも1.3銭。ポンド米ドルのスプレッドが1.1銭と狭いです。

そして、ポンドの取引で私がヒロセ通商を選んでいる理由がもうひとつあって、ポンドの取引ならヒロセ通商とよく言われています。その理由は、もしかしたら、ヒロセ通商が2010年10月にイギリスにヒロセ・フィナンシャル・UKを設立している事と何か関係がありそうです!

下記のスプレッドを比較しても、ヒロセ通商は狭いです。


米ドル円・ポンド円・ポンド/米ドルのスプレッドを比較

FX会社米ドル/円ポンド/円ポンド/米ドル
ヒロセ通商0.3銭1.3銭→0.97銭1.1pips→1.0pips
GMOクリック証券FX0.3銭1.1銭1.2pips
外為ジャパン0.3銭(原則固定)1.1銭(原則固定)1.1pips(原則固定)
SBI FXトレード0.27銭(1万通貨まで)1.19銭(1万通貨まで)1.49pips(1万通貨まで)
みんなのFX0.3銭(原則固定)1.0銭(原則固定)3.0pips(原則固定)
外為どっとコム0.3銭原則固定(例外あり)1.1銭原則固定(例外あり)1.1pips原則固定(例外あり)
マネーパートナーズ0.5銭1.9銭1.9pips
YJFX!0.3銭1.2銭1.5pips
セントラル短資FX1.0銭4.0銭1.8pips
外為オンライン1.0銭3.0銭3.0pips
DMM FX0.3銭(原則固定例外あり)1.1銭(原則固定例外あり)1.1pips(原則固定例外あり)

2016/6/22時点のスプレッドです。


6月21日

2016年6月21日の米ドル円の相場動向にEU離脱問題は影響していない

昨日のEU離脱懸念リスクが落ち着いており、本日の相場動向に当ニュースの影響は少ないと思われます。


6月20日

2016年6月20日の米ドル円相場は、EU離脱懸念のリスク回避の円買いが落ち着いている

23日に国民投票を控えたEU離脱残留問題。今日の米ドル円相場は、世論調査の結果からEUを離脱する懸念が弱まって、円安相場に動いています。

英EU離脱問題でリスク回避の円買いの勢いが強く、円高相場に向かっていることに間違いはないのですが、デイトレの場合、毎日のニュースによって敏感に反応する相場についていく必要がありますよね。先週末は円高だったから今週も円高に動くとは限らず、今日は上値が重たいものの円安に動いているわけで、こんな時、いくらで新規注文していくらで利益確定したら良い可わからないと思います。

EU離脱残留問題で相場の動きが不安定な時は情報収集が欠かせません。

特にデイトレの場合、1日単位で相場分析をする必要があるので、イベントごとの相場状況ではなく、毎日デイトレ用に相場動向を解説してくれるヒロセ通商のマーケットナビが役に立ちます。

ヒロセ通商の評判やマーケットナビの感想はこちら


6月18日

2016年6月18日時点のイギリスEU離脱・残留問題について

イギリスがEU(欧州連合)を離脱するか残るかを決める国民投票まであと1週間を切りました(6月23日実施)。

現在の世論調査では、離脱賛成が強いことがわかっており、これに伴い円高が進行中という状況です。
残留派のジョー・コックス下院議員が射殺される事件もありました。この事件が国民の是非に大きく影響していることは間違いないと思います。

それでは、ここでは主にイギリスのEU離脱・残留問題がFXへどのように影響していくか記録していきます。


国民投票日の6月23日(木)のFX取引は絶対NG

イギリスの国民投票日は6月23日の木曜日の朝7時(日本時間15時)です。投票終了は22時(日本時間の朝6時)です。

では、なぜ取引してはいけないのか具体的に想定できる取引を解説したいと思います。


英ポンド円15円動く?!

ポンドを中心に全通貨ペアに大きな変動があります。個人投資家はおとなしくみているしかありません。

相場の予想ができないどころか、取引量が増えて値幅が拡大します。つまり、予想があってても外れてても、証拠金率を維持できず、損切りやロスカット(強制決済)に合います。

値動きのスピードや変動に個人投資家の資産じゃ太刀打ちできません。


一斉に取引量が増えて、相場の値動きが激しい時はスプレッドが広がる

米ドル円のスプレッドは通常時であれば0.3銭です。しかし、23日は取引量が増えるのでスプレッドが広がります。

広がるといっても、どのくらい広がるか想像できますか?予想では1円以上とされています。1円ならまだ良い方かも知れません!!

そして、みなさんはストップ注文入れておけば大丈夫じゃん?と思うかも知れませんが、FX会社のシステムサーバーがそこそこ強くても、注文を処理しきれず、投資家の事前注文が約定できないという事態が起こります。


約定価格のズレ(スリッページ)や約定拒否(リジェクト)を回避する方法は?

残念ながらありません。

システムサーバーが強いFX会社を使おうという記事をよく見るし、私もこのサイトで約定力の強いFX会社を使おうと、FX会社のレビューを書いていますが、事前に大きく相場変動が起こるといわれている状態で取引して、資産がなくなったとしてもこれをFX会社のせいにすることはできません。

直近の大きな為替変動リスクの例をだすと、2015年1月にアルパリLimitedが破綻です。破綻した原因は、スイスショックと呼ばれまだ記憶にあると思います。

スイスフランが暴騰し、顧客の有効証拠金を上回る損失を被り破綻・・・。この時改めてFXの取引口座を約定力の強いFX会社に見直そうという動きがあったと思います。


私は23日は取引しません。個人投資家は24日から

このような理由から、どんなに約定力の強いFX会社であっても、23日は取引しない方が良いと思います。各FX会社の公式サイトで、23日は提示スプレッドを提供できません。と告知されていることを考えても取引は控えるべきです。


24日の取引はヒロセ通商で

そして、24日から相場に参入するわけですが、いきなり取引を始めるのではなく、23日の相場分析と24日の予想がとても重要になります。

前述でも少しふれたヒロセ通商のマーケットナビは、デイトレ向けの相場動向&予想を解説してくれるサービスで、「前日はこんなニュースがあって、こんな風に相場が動いて、だから今日はこのように動く」と論理的に分析しています。ヒロセ通商の口座にログインできる方は、取引する前に必ずチェックしてください。

まだ、お持ちでない方はこちらから口座開設できます。

ヒロセ通商の口座開設は申し込みに5分。最短で翌日にログイン情報が届くので今口座開設すると、24日の取引に間に合います。

イングランド銀行の2016年10月31日の発表でカーニー総裁がEU離脱の対応のため任期が2019年6月までになったことが明らかになりました。また、2017年の3月までに離脱交渉を始める予定で、その後の交渉期間は2年間となっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ツールにこだわれる!快適にFXができる会社

FX初心者でも安心!少額からFXができる会社

関連記事

元金融OL愛用☆FX会社 その1

  1. 004

    DMM FX

    愛用度:1位
    http://fx.dmm.com/fx/
    DMM.com証券は国内口座数第一位(2017年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2017年1月口座数調査報告書))。信頼性・ツールが使いやすい・スプレッドが狭い・業界初のLINEサポート実施・取引応援ポイントなど、個人投資家の取引サポート体制が充実している。特にスマホ取引がメインになる人はDMMFXのアプリが1番使いやすい。直感的に使えるし、チャート分析も注文もやりたいことを迷わないで出来てストレスなかった。

元金融OL愛用☆FX会社 その2

  1. 004

    ヒロセ通商

    愛用度:2位
    http://hirose-fx.co.jp/
    最近リニューアルしたLIONチャートは今1番のお気に入り。複数チャートからちょっとマイナーなテクニカル指標まで搭載されているからFX初心者から上級者になっても満足できる取引ツール。しかも、約定率が99.9%と高いのでヒロセ通商なら安心して取引できる♪

元金融OL愛用☆FX会社 その3

  1. 004

    GMOクリック証券FX

    愛用度:3位
    http://www.click-sec.com/
    GMOクリック証券は、2013年度オリコン顧客満足度No.1、取引高世界1位と多くのトレーダーから支持されているFX会社です。使いやすい取引ツール、狭いスプレッドで取引しやすいのでFX初心者にも自信持っておすすめできるFX会社です。

元金融OL愛用☆FX会社 その4

  1. 004

    みんなのFX

    愛用度:4位
    http://min-fx.jp/
    専用アプリケーションのインストールが不要のブラウザ型取引ツールが使いやすい!同口座で取引できるバイナリーオプション「みんなのバイナリー」も人気があります。相場のトレンドに合わせてチャンスを逃がさない取引が可能です。

元金融OL愛用☆FX会社 その5

  1. 004

    SBI FXトレード

    愛用度:5位
    http://www.sbifxt.co.jp/
    業界初の4桁スプレッド表示で、ギリギリまで狭いスプレッドを提示してくれているのでコスト面は文句無し☆ 驚きの1通貨からFXができるSBIFXトレード!1通貨からの取引でも手数料無料という有りがたいサービスも。コスト重視ならSBIFXトレードで間違いない!
当サイトを通じて口座開設した方の統計を元に、おすすめのFX口座を紹介しています。
最終更新日; 6月12日
DMMFX

人気記事ランキング

  1. GMOクリック証券(FXネオ)ってどうなの?[評価/評判] 《元金融OL的レビュー》

    2018-04-20

    GMOクリック証券(FXネオ)ってどうなの?[評価/評判] 《元金融OL的レビュー》

    GMOクリック証券は、取引高第1位と国内外問わずに多くのトレーダーに支持されているFX業者です。なぜGMOクリック証券に人気があつまるのか?何が使いやすいのか?を紹介していきます。
  2. DMM FXってどうなの?[評価/評判] 《元金融OL的レビュー》

    2018-05-05

    DMM FXってどうなの?[評価/評判] 《元金融OL的レビュー》

    DMM FXの総合評価はS!ツールをリニューアルしてオールインワンで管理ができるようになりツールの評判もよくなりました☆FX業界唯一のLINEでの24時間対応なども評判が高い!FX初心者でもDMM FXを初めて使った人にもサポートがしっかりしているので使いこめるFX業者だと思います!
  3. 独断と偏見でFX業者を評価してみた

    2018-05-23

    独断と偏見でFX業者を評価してみた

    FX業者を安定性、低コスト、使いやすさに注目してまとめてみました。個人の主観と使ってみた感想で分けてます。FXの口座開設の参考にしてください。
  4. ライオンFX(ヒロセ通商)ってどうなの?[評価/評判] 《元金融OL的レビュー》

    2018-06-07

    ライオンFX(ヒロセ通商)ってどうなの?[評価/評判] 《元金融OL的レビュー》

    ヒロセ通商の魅力は約定率99.9%と強い事、1,000通貨取引対応でドル円なら数千円で取引ができちゃう事!スプレッドも業界最高水準で狭いからガンガン取引できるし、しかも取引すればするだけキャンペーンを受けられる!ここまでサービスが多いFX会社はめずらしい!
  5. DMM FX口座開設キャンペーンのキャッシュバック24,000円を受け取る手順マニュアル

    2018-04-09

    DMM FX口座開設キャンペーンのキャッシュバック24,000円を受け取る手順マニュアル

    当サイトは、DMM FXと特別タイアップキャッシュバックキャンペーン中!通常のDMM FX新規口座開設キャンペーンよりもキャッシュバック金額が4,000円高い!しかも、4,000円は簡単に受取れちゃいます!今、取引口座を選んでいるところですか?それならDMM FXでFX始めましょう!それでは、元金融OL限定キャッシュバック金額の24,000円を受取る手順を解説しますので、マニュアルとして活用してもらえればと思います!
ページ上部へ戻る