懸賞金50万円のゾウガメ探しに参加しようとした結果

ゾウガメ探しは割に合わない?


FXコラム

真夏日のはずが連日雨が続きますね。 動物園のゾウガメも雨でテンションが上がって外に出たかったのかもしれません。

岡山県玉野市にある渋川動物公園から、同園の人気動物であるアルダブラゾウガメのアブー(推定35歳)が、2017年8月1日に防犯カメラの映像で確認できたのを最後に行方不明になった。
出典:Jタウンネット

懸賞金にテンションが上がるもすぐに解決

ざっくり言うと、脱走したゾウガメ。動作の遅さゆえ簡単に見つかると思いきや 意外と難航して、いよいよやばくなってきて懸賞金かけたら15分ですぐ見つかったという訳です。

普通なら地方ニュースの片隅に乗りそうな、ほのぼのニュースのひとつなのですが 「懸賞金」となると話は別です。ゾウガメ捕獲セットを持ち出して血で血を洗う争奪戦です。 50万という人生を大きく左右する金額ではありませんが、貰えるのならめっちゃ嬉しい金額です。

東京在住の私が岡山までの新幹線代と宿泊代を考えるとそれほど美味しい話ではないし、 移動中にも地理に詳しい地元民が血眼になって捜索しているかと思うと、アウェーな私にはかなり不利な条件です。

発見した親子と同時に動き出していたら結果的に、新幹線で移動している間にすでにゾウガメくんは捕獲されてしまったことになります。 しかもたったの15分で!新幹線だとまだ品川過ぎた辺りですよw

それまで捜索してた人達は一体どこを探していたのか?という疑問も多少ありますが、 そこはまぁ素人には判らない事情があるのでしょう。

時給2000000円の超級バイト!?

たったの15分で50万円の懸賞金です。時給に直すと時給200万円!なんとも割りの良い仕事だろうか! そう考えた人もいるのではないでしょうか? 昔金融業界にいたときにお金についてキレキレの先輩が教えてくれた名言の一つにこんな言葉があります。

「時給換算して良いのは基本労働時間以上働ける仕事だけ」

1日8時間×20日と考えて月に160時間以上働ける仕事のみ時給換算で計算していいよということです。

今回の15分で50万円の案件なら「時給200万(ただし15分まで)」と制限時間の条件が必要ということです。 このように短い上限時間があるにも関わらず、報酬から時給を計算すると時間に対する収入の見込みが大きく外れて 結果、あまり得をしないことになります。

報酬から時給を計算してはいけない

怪しいバイト求人や「秒速1億」とかはほとんどこの理論です。報酬から時給を計算するのは愚の骨頂! この考え方はFXや株などの個人トレーダーや、ギャンブルなどで生活している人に多い気がします。 たった1回の取引で100万!時給に換算して500万です!みたいなこという人がちょいちょいおります。 そんな感じのPRをする投資セミナーや情報商材の広告を見たことがあるかと思います。

当然ながらそのような考え方は非常に危険です。どこが危険かというと「時間に対する認識が甘すぎる」という点です。 FXの取引で言うと、1回の取引をするまでの準備時間や情報収集なども報酬のためのコストと考えるべきであって、 そこをないがしろにするということは、無意識のうちに時間の概念を軽く考えてしまうのです。

時間の経過とお金は因果関係にある

「時は金なり」とよく言いますがまさにその通りです。 お金を借りても貸しても利息が付きます。当たり前ですが利息は時間とともに雪だるま式に増えていきます。

また人間は生きている時間は常にお金がかかります。起きている間はお腹が減るので食費がかかります。寝ている間も屋根とドアが必要なので家賃がかかります。 時間の経過とお金は非常に密接な因果関係があるのです。この因果関係を理解していないと努力しているのに報われないというワーキングプアのような悪いサイクルに陥ってしまいます。

お金と時間の概念をしっかり身に付けている人は「実質時給5000円」の求人より「時給1000円3食付き」を選びます。 ましてや50万の報奨金で労働時間は青天井、交通費と宿泊費は自腹の案件には目もくれないでしょう。 時給から報酬を計算できる仕事こそ、地味でも結果的に美味しい仕事だと知っているのです。 (統計を取った訳ではなく私の周りの人や仕事で見てきた人達の感想です。)

ゾウガメのニュースの件で反射的に時給換算してしまう私はまだまだ時間の価値が判っていないのだなと思いつつ キレキレ先輩は元気かな?と懐かしく思い出したのでした。

まとめ

経済的強者になるには時間の使い方を学ばないといけません。 人は24時間を全て有効に使えます。直接お金に関わらなくても、身体を休めたり、 精神をリフレッシュして充実したり、勉強したり何かをできます。 そうして使った時間はかならず自分になんらかの報酬として返ってくるので1秒でも大切に有効に活用したいものですね。

以上になります。



ページTOPに戻る

人気記事ランキング

このサイトについて

著者紹介

名前:元金融OL (鼻炎)
金融機関でOLをしているときにFXで溶かした200万を取り返したので、次は1億稼いでハワイに移住する事を目標に日々FX取引をしています。