サクソバンクFXを見る

サクソバンクFX

世界中から愛されるサクソバンクです。1口座目に検討してるまったくの投資初心者は取引ツールの使い方で躓くからオススメしません。中上級者なら、いわゆる「サクソ系」システムのすごさを体感したいところ!ちなみに口座がふたつある。投資スタイルで分かれてるから自分で選んで!

サクソバンクFX公式サイト最新情報はこちら 


サクソバンク(SAXO BANK)のコスト

初心者向けのミニコースは1000通貨単位で取引もできるし、小額取引でも取引手数料は原則無料。初回入金額の制限も無いので、FXに興味を持ち始めた人や、これからFXを始める初心者向けの口座です。スタンダードコースやFX CHOICEとの違いは取引通貨ペアが21種類と、少し少ないこと。でも主要通貨ペア、南アフリカランドはもちろん、トルコリラとかの高金利通貨も扱っているので普通のFX取引では十分と言えるでしょう。それとミニコースはスプレッドが他のコースと比べて広いです。(米ドル/円の場合3銭)

短期取引向けのFX CHOICEのコスト

短期取引向けのFX CHOICEはスプレッドは米ドル/円の場合0.6銭と狭いのですが、指定取引単位以下の売買をすると、新規、決済でそれぞれ取引手数料がかかってしまいます。ドル円、ポンド円では5万通貨、豪ドル円では10万通貨以上の取引をしないと10USDの手数料がかかってしまいます!5万通貨って、初心者には少し大きい数字だけど、ある程度FXに慣れている人ならそれほど大きい取引でもないと思うので、資金に余裕がある人と取引経験のある人にはFX CHOICEが向いてます((ネ´∀`))b

スプレッドと手数料

ミニコースで取引する場合はドル/円で3銭とそれほど狭くありません。約定力の強さを考慮に入れると狭い部類かもしれませんね。これがスタンダードコースなら2銭、FX CHOICEなら0.6銭まで狭くなります。ちなみにミニコース、スタンダードコースは目標スプレッド方式。FX CHOICEは参考スプレッド方式。これってどう違うの?って思いました??目標スプレッド方式は最低スプレッドを表示しています。つまりミニコースの場合だと3銭、スタンダードコースなら2銭、この数値より狭くなることはありません。参考スプレッド方式は平均スプレッドを表示しています。だからFX CHOICEの場合、0.6銭よりも狭くなることがあり、最低0銭になることもあります。5万通貨以上の取引がメインになるならFX CHOICEを選びたいですね!

口座からの出金は銀行営業日の9時30分までの出金依頼は当日分の受付。9時30分以降の出金依頼については翌営業日の受付となります。出金処理は出金依頼を受けてから4営業日以内なので、出金処理はそれほど速いとは言えないですね(●´Д)



サクソバンクFXを見る

サクソバンクFX

世界中から愛されるサクソバンクです。1口座目に検討してるまったくの投資初心者は取引ツールの使い方で躓くからオススメしません。中上級者なら、いわゆる「サクソ系」システムのすごさを体感したいところ!ちなみに口座がふたつある。投資スタイルで分かれてるから自分で選んで!

サクソバンクFX公式サイト最新情報はこちら