FX初心者の負けパターン分析

FXで負ける人には共通点がある。負けパターンを分析して勝利をつかもう!


FX負け分析ノート

この記事は、FXで大損した私がまとめる負け負けパターン分析のまとめです。

FX初心者時代に負けた取引を分析することで、FXが上達しました。FX頑張ってる方、負けるのが怖くて調べている初心者の方も、ここで紹介する12個の負けパターン分析を見ておけば、損失を最低限に抑えたFXができます。

FXは成功談より失敗談や「なぜ負けたか」の方が参考になります。

負け取引パターンNOTE.1「トレンドの変化についていけない!」

為替相場にはトレンドがあります。チャートをみれば、相場が上昇しているのか、下降しているのか判断することができます。しかしながら、相場のトレンドはいつの間にか変わっているものです。

そして、5分足チャートだと上昇トレンドなのに、60分足チャートでは下降トレンドになっていることも。

どうしたらトレンドの転換を見極めて、相場についていけるのでしょうか。

トレンドの変化についていけない!

負け取引パターンNOTE.2「値頃感で売買してしまう!」

FX初心者が負け始めるのは、自分の値頃感で取引するようになるから。

どういうことかと言うと、1週間も取引してると、相場の価格をなんとなく把握し始める。1ドル110円を安く感じてしまうとかね。

実際のところ、110円が高いのか安いのか、それはわからない。為替相場はそういうものなんです。

相場は何が起きるかわかりません。値頃感で取引しないためにはどうすれば良いのでしょうか。

値頃感で売買してしまう!

負け取引パターンNOTE.3「チャートのダマシにひっかかってしまう!」

だましとは、フェイクのことです。テクニカル分析で売買サインがでたのに、その後、相場は売買サインとは逆に動くことをいいます。

「だましって何?」と思った方は、今だましについてしっかり勉強しておきましょう。チャート画面付で「だまし」について解説します。

チャートのダマシにひっかかってしまう!

負け取引パターンNOTE.4「チャートの見すぎで感覚が麻痺してしまう!」

いつも同じ時間足のチャートばかりみてると、チャートに慣れてきます。

チャートに慣れるのは良いことなのですが、チャートに慣れてくると、ローソク足の長さで値動きの幅を見てしまうこともあります。

ローソク足がビヨーンって伸びたことで、大きな値動きがあったと勘違いして、慌てて決済して、利益を逃してしまったということもあります。

チャートの見すぎで、感覚が麻痺しないためにはどうしたら良いでしょうか。

チャートの見すぎで感覚が麻痺してしまう!

負け取引パターンNOTE.5「他人の取引に影響されてしまう!」

投資仲間やお友達の勝った話に影響されてしまう。そんな経験ありませんか?

「ここで買って、ここで売った。こうすればこんなに勝てるよ!」って言われて同じことやってみてもさっぱり勝てない。

私は、「他人の勝った話」は絶対信じません。FXだけでなくどんな儲け話も信じたら負け。

他人の取引に影響されてしまう!

負け取引パターンNOTE.6「指標発表時にポジションを持ち越してしまう!」

FX初心者のうちは、「指標発表時にポジションを持ち越してしまう」といった経験のある人も多いのかな?と思います。

指標発表が行われる時間は、大きくローソク足が上か下に動きます。初心者のころって、指標発表を甘く見てるんです。その結果、指標発表後10秒でロスカットなんてことにも。

下降トレンドだからといって、下に大きく動くとは限らない。指標発表を境に相場が転換することは多々あります。

指標発表時にポジションを持ち越してしまう!

負け取引パターンNOTE.7「1つの時間足で取引してしまう!」

1つの時間で取引すると、思うように相場が動いてくれない、という状況になります。

1分足だと売買サインがでてるのに、5分足で見ると、まだ売買サインがでてない・・・。ということも。

この時、1分足の売買サインだけで取引したら、なかなかプラスにならないポジションを持ってしまい、最悪売買サインと反対に相場が動き、損切りする羽目に。

複数の時間足の見方を覚えれば、こんなミスしなくなります。

1つの時間足で取引してしまう!

負け取引パターンNOTE.8「取引ツ-ルを使いこなせてない!」

使いやすいと思える、取引がサクサクできる取引ツールを使っていますか?

FX初心者は、スプレッドの狭さや約定力の高さにこだわって口座を選ぶ前に、ツールが使いやすいか調べることが実は重要なのです。

高機能ツールを使いたくなりますが、まずは高機能や万能ツールではなく、必要最低限の機能がある動作が速い、直感的に使えるツールを選ぶのがおすすめ。

負け取引パターンNOTE.9「損切りができない!」

損切りができないのはすごく気持ちがわかります。だって、損切りした後に、相場が反転したら後悔しきれないですよね。

でも、この考えは絶対ダメな考え方です。この気持ちを捨てれないなら、FXはやめた方がいい。

相場がもし予想外の動きをしたら、損切りして、もう一度買えばいいんです。エントリーに失敗したポジションを持ってるほうが精神的にしんどいです。もっと楽にFXやりましょう。

損切りができない!

負け取引パターンNOTE.10「悪徳FX会社で選んでしまう!」

めったにありませんが、信じがたいひどい事をする悪徳FX会社もあるんです。ロスカット狩りや、ストップ狩りって言葉、知ってますか?

悪徳FX会社が儲けるためにやる手口を把握しておきましょう。

悪徳FX会社で選んでしまう

負け取引パターンNOTE.11「FXの基本中の基本の順張りができない」

FXには色々手法があるけど、王道の手法は順張りだ!と言ってもおかしくないですよね?でもその順張りが実は難しいと感じている初心者が多い。

順張りができない理由と順張りのやり方を身につけて、基本をマスターしましょう。

FXの基本中の基本の順張りができない

負け取引パターンNOTE.12「FXが習慣化していない」

FXで利益を上げることも、ソシャゲに毎日ログインすることと同じように自分の生活の一部にしないと副収入といえるほどの利益は見込めないかも知れません。

このページを見ているあなたは、習慣の偉大さを知ったほうがいい。

FXが習慣化していない

負け取引パターンNOTE.13「FX初心者のNG思考・NG行動」

(1)「なぜそのタイミングで買い注文を出したのか!?」取引した自分も、後から振り返ると、なぜこのタイミングだったのか説明できないくらい謎のタイミングでエントリーしていることが多いのです。

(2)そして、小難しいテクニカル指標を使ってる場合もあります。まずは王道のテクニカル分析を極めましょう。

(3)勝ちにこだわる人が多いのも勝てない人の特徴。勝つことを意識するより、負けないようした方が、結果的に勝てます。これがFXなのです。

FX初心者のNG思考・NG行動

ページTOPに戻る
厳選!おすすめのFX口座
人気記事ランキング
このサイトについて

著者紹介

名前:元金融OL(鼻炎)
FXで大損こいて、OLしながらコツコツ貯めた約200万円の貯金を溶かしたがFXで取り返した。次は1億稼いでハワイに移住する事を目標に日々FXをしている。