FX・ビットコイン業者が狙われている!!脅迫メールからのDDoS(ディードス)攻撃。トレーダーへの影響は?

14日から25日の本日まで止まることがないFX・ビットコイン業者へのランサム(身代金)DDoS




FX会社が14日からサイバー攻撃を受けており、ウェブサイトにアクセスができない、ログインできない状態になっていました。サイバー攻撃を受けた業者は、マネーパートナーズ、マネースクウェア・ジャパンなど。マネースクウェア・ジャパンは顧客情報流出とのこと。

外国為替証拠金取引(FX取引)を取り扱う企業を狙い、サーバーなどに大量のデータを送り付ける「DDoS攻撃」を仕掛けると脅し、金銭を要求する「ランサム(身代金)DDoS」と呼ばれるサイバー攻撃が相次いでいることが分かった。

引用元:http://www.yomiuri.co.jp/national/20170924-OYT1T50016.html

マネーパートナーズ(東京)では、14日午前9時過ぎ、複数のアドレスで、24時間以内に仮想通貨の2ビットコイン(約85万円相当)の支払いを要求する英文メールを受信した直後、DDoS攻撃が始まり、サイトにログインしづらい状態になった。

引用元:http://www.yomiuri.co.jp/national/20170924-OYT1T50016.html

攻撃されてる業者が増え続けている


9月14日マネーパートナーズ
9月15日DMM FX・Zaif Exchange
9月16日FXトレード・フィナンシャル
9月18日みんなのビットコイン・JFX・ヒロセ通商
9月19日ヒロセ通商
9月20日ビットフライヤー
9月21日外為どっとコム
9月22日マネースクウェア・ジャパン
9月23日ビットフライヤー
9月25日YJFX!

警視庁サイバーセキュリティ対策本部より



顧客(トレーダー)への影響は?

残念ながら、マネースクウェア・ジャパンの顧客情報がサイバー攻撃によって流出してしまいました。

当社は、2017年7月17日付で、当社ホームページが外部より不正なアクセス(以下、2017年サイバー攻撃といいます)を受け、当社サービスに係る一部のお客様の情報(約2,500件)が、サイバー攻撃を行った者(以下、攻撃者といいます)に漏えいした可能性があることをお知らせし(以下、7月17日付お知らせといいます(※1))、その後、2017年7月26日付で、2017年サイバー攻撃によって個人情報(約2,500件)が漏えいしたこと、及びさらなる調査により、2016年7月から11月にかけても外部より不正なアクセス(以下、2016年サイバー攻撃といいます)を受け、当社サービスに係るお客様の情報の一部(約11万件)が攻撃者に漏えいした可能性があることをお知らせいたしました(以下、7月26日付お知らせといいます(※2))。

引用元:http://www.m2j.co.jp/landing/information_1707/

その他の業者に関しては、今のところ顧客情報流出のお知らせないので大丈夫みたいなのですが、ウェブページから管理画面にログインできないため、入出金手続きができないなどの影響がありました。DDoS攻撃を受けているFX会社が増えてきていますので、落ち着くまで最低でも2口座、できれば3口座、4口座など資金を分散させるべきかと思います。1口座しか持っていない方は、これを機に複数の口座を開いたほうがいいと思います。もしものときの口座を用意するならこちらの記事を参考にしてもらえればと思います。

ページTOPに戻る

優良!元金融OLが愛用中の口座

人気記事ランキング

このサイトについて

著者紹介

名前:元金融OL(鼻炎)
FXで大損こいて、OLしながらコツコツ貯めた約200万円の貯金を溶かしたがFXで取り返した。次は1億稼いでハワイに移住する事を目標に日々FXをしている。