DMM FXの特徴

DMM FXの評価まとめ


毒舌!FX業者評価レビュー

DMM FX

DMM FXをコスト、取引ツール、サポート、チャート分析、トレードスタイル、マーケット情報など、360℃の視点で解説する。DMM FXは評判が良いのか、DMM FXはいくらから取引できるのかなど、口座開設前に気になる点もすべて解決できる。

当サイトからDMM FXに新規口座開設すると通常の口座開設キャッシュバックキャンペーンに加えて、特別タイアップキャンペーンが適用されるのでとってもお得!詳しくはタイアップ専用ページをチェックしてみてください。


DMM FXの評価/評判まとめ

以下は、DMM FXの全貌を瞬時に把握できる評価のまとめである。

コストの評価
スプレッド 【Sランク】
主要通貨ペアのスプレッドが狭い。コスト負けなし。早朝、週明けのスプレッドは大きな拡大がない。通常スプレッドの提示率が高く安定している。
手数料 【Sランク】
無料。
取引ツールの評価
取引のしやすさ 【Sランク】
1つの画面で口座照会や注文状況確認、チャート分析、取引ができるとてもシンプルなツール。FXをこれから覚えていく初心者にはわかりやすい。
スマホアプリ 【Sランク】
画面のレイアウト(ボタンの場所やメニューの場所など)が直感的にわかる。チャート画面から注文ができる。4画面チャートも対応。
注文機能 【Sランク】
ワンクリックで決済注文も同時に入れられる。利食いも損切りもpipsで指定可能。
チャート機能 【Sランク】
高機能な分析も可能。取引ツールとは別に相場分析に特化したチャートツールがある。
約定力 【Aランク】
スプレッド狭いが約定力は普通。約定力推ししているツールではないため指標発表時の取引には向いていない。
取引サポートの評価
情報量 【Aランク】
時事通信社の為替情報のみ。提供会社が少ないが、時事通信社は機関投資家から支持を集めている速さと正確さが信頼できる。チャート上で経済指標やニュース確認が出来るのは便利。
相場予想
情報ツール
【Sランク】
売買比率が見れる。注文比率と人数比率を把握できる。売買比率がみれる業者は数少ないため買いと売り、どちらの参入したら良いか参考になる貴重な情報。
分析ツール 【Sランク】
取引通信簿という機能がある。
問い合わせ対応 【Sランク】
LINEで問い合わせできる。24時間サポート。
トレードタイプの評価
少額取引 【Cランク】
10,000通貨取引から。米ドル/円取引なら余裕をもって10万円は必要。
取扱高金利通貨
スワップポイント
【Bランク】
売りスワップが安い。ZAR/JPY(南アフリカランド/円)、AUD/JPY(豪ドル/円)のみ取り扱い。メキシコペソとトルコリラの取り扱いはない。
スキャルピング 【Cランク】
認められていない。
サービスの評価
入出金手続き 【Sランク】
クイック入金対応。出金手数料は無料。出金日が翌営業日で早い。
FX以外の投資商品 【Sランク】
CFD、株の取引も可能。まとめて口座開設も可能。
キャンペーン 【Sランク】
新規口座開設のタイアップキャッシュバックの達成条件が楽。取引応援ポイントサービスというのがある。取引量に応じてたまったポイントは現金化できる。
口座開設のしやすさ 【Sランク】
スマホでスピード本人確認ができる。郵送物の受け取りなしでスマホで本人確認できるので、最短1時間。
信頼性の評価
口座数
預かり資金
【Sランク】
外為ジャパンと合わせて75万口座以上。国内口座数第1位(※2020年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月口座数調査報告書)
自己資本比率 【Sランク】
341.8%(令和1年12月末)
信託保全 【Sランク】
日証金信託銀行、SMBC信託銀行、FX Clearing Trustの3社に信託保全している。

\DMM FXはココが良い!/

低スプレッド、使いやすく操作性が良いツール、24時間LINEサポートという点で、これからFXを覚える人にとって総合的にバランスの良い環境が用意されているので、取引しやすいといえる。

\DMM FXのココが残念/

低スプレッドでツールが使いやすいのにスキャルピングができないのが残念。

DMM FXの口コミ

スマホメインで取引する人におすすめ。スマホアプリが使いやすい。口座開設から入金、取引、出金までスマホですべて完結。(31歳/女性/投資歴5年)

取引ポイントが貯まるから他のFX会社よりもお得。現金化にできるところが良い。タイアップキャッシュバックの達成条件が楽!(36歳/男性/投資歴10年)

スプレッドが狭いからコスト負けしない取引ができる。ツールがオールインワンで使いやすい。(45歳/男性/投資歴3年)

キャッシュバック金額が24,000円と高くて、しかもキャッシュバックの条件が達成がしやすいからDMM FXを選んだ。(26歳/男性/投資歴1年)

DMM FX公式サイト
キャンペーン対象口座開設申込フォームはこちら

※ 詳細は公式サイトの特典ページをご確認ください。

FXランキング

DMM FXの最新情報

最短1時間後から取引スタートできる「スマホでスピード本人確認」開始

米ドル/円スプレッドが0.3銭⇒0.2銭に縮小!

DMM FXの特徴

DMM.com証券は、サクソ系のシステムを採用した上級者向けにサービスを展開していたSVC證券を買収し、新しくDMM FXというサービスを作りサービスの提供を開始した。

DMM FXは人気度が高い

DMM.com証券のDMM FXはとにかく人気がある。DMM.comグループの1社であるDMM.com証券は、これからFXを始める人にとって安心できる存在であることがうかがえる。

これからFXを始めるユーザーが多いことから、DMM FXのツールは良い意味で高機能すぎず、初めてFXをやる人が直感的に使える画面である。

特典が目立つ!当サイト限定で特別タイアップキャンペーンも実施中

DMM FXのポイント還元システム

DMM FXの特典の特徴は、新規ユーザーだけでなく、既存ユーザーへの還元サービスがある。取引をしているだけでもらえる取引応援ポイントは現金化できるのも魅力だ。

業界初!! LINEで問い合わせが出来る万全のサポート体制

DMM FXのLINEサポート

DMM FXは、LINEのサポート窓口を用意。平日は24時間サポートで、取引中にすぐに問い合わせできる手軽さもあり。トレーダーから好評である。

取引通信簿で自分の取引を振り返る

DMM FXの取引通信簿

DMM FXには取引通信簿という、取引成績を自動でまとめてくれるツールがある。年別や月別での取引損益や取引通貨ペア、最大損益もグラフで見る事が可能。

取引の傾向をシステム管理してくれることで、自分の取引を客観的に見て改善を行ったり、得意な通貨ペアや得意トレンドを把握する事がしやすくなる。自分で取引記録をつけなくて済むので、専業のFXトレーダーからも評価の高い。

DMM FXのメリットと良いところ

通常スプレッドが狭い

FXでかかるコストといえばスプレッド。1取引ごとに発生するコストなので、なるべく抑えて取引したい。DMM FXは通常スプレッドがとても狭いので、取引コスト面の心配不要。

スプレッドの違いによる売買差益の差

スプレッドへのFX売買差益はこんなにも影響がある。値動きが小さい為替相場の時は、スプレッドが拡いとポジションがなかなかプラスになら、スプレッド負けすることもある。しかし低スプレッドの業者でDMM FXなら、値動きの小さい相場でもポジションがプラスになるのが早いため利益が出しやすい。

スプレッド幅は、FXで勝つためにも重要視するべきポイントである。スプレッドの狭さ重視で口座を選んでいるならDMM FXに決めるのは正解である。

スマホアプリが優秀!縦画面なのに見やすいチャート

DMM FXのスマホ画面

スマホ取引に必要な機能をおさえてあるから、良い意味で高機能じゃなくシンプルさを追求したアプリ。初めてFXやる人も、他のツールに慣れた人も癖のないDMM FXのアプリを瞬時に使いこなせる。パッとトレンド確認、サクッと注文できる。表示の切り替えがスワイプでできたり、スピード注文対応してて、縦画面のままチャートと注文ボタンを一緒に表示できる。

決済注文をpipsで事前に設定できる

決済注文を事前にpipsで指定できる。決済価格を入れる場合、pipsを計算する必要があるが、DMM FXは損切り80pips、利食い50pips みたいに設定しておけば、新規注文出したことを忘れちゃっても自動決済してくれてるはずなので安心です。

売りスワップポイントの安さが魅力!サヤ取りに欠かせないのFX口座

スワップポイントはくりっく365と同じ方式を取っているので、売りと買いスワップが同じである。そのため、買いスワップは他社よりも安く、売りスワップも安い。つまり、売りポジションを持ってる場合に支払うスワップポイントが他のFX会社よりも安いので、他社の買いポジションとDMM FXの売りポジションを持つ(両建て)ことでスワップポイントのサヤ取りができる。DMM FXは必要不可欠の口座です。

たとえば、豪ドル円の買いスワップポイントが高いのは「ヒロセ通商」で1万通貨あたり50円、売りスワップポイントが安いのが「DMM FX」で1万通貨あたり-36円なので、ヒロセ通商で買いポジションを持ち、DMM FXで売りポジションを持つことで、為替変動リスクがほとんどない状態で、毎日、ヒロセ通商とDMM FXのスワップポイントの差分の14円が入る。

DMM FXのデメリットと欠点

スキャルピングができない

スキャルピングは認められていないため、スキャルピングをすれば口座は凍結される。しかし、そもそもDMM FXは約定力に強いシステムを採用しているわけではないため、スキャルピングするならDMM FXを選ぶことはない。

為替ニュースが少々物足りない…?

DMM FXは為替ニュースが少ない。時事通信社のマーケット情報をみることができる。時事通信社は機関投資家からニュース配信の速さと正確さが支持されている。

セミナーがない

セミナーを開催してない。セミナーが必要なほど複雑な売買機能やツールを提供していない。

DMM FXの取引ツール

DMM FXの場合は、スプレッドが超狭い分、約定力が少々犠牲になっている印象を受ける。相場の安定時の取引では、問題ないが、指標発表時はスリッページが大きくなったりするので取引はおすすめしない。しかし、最近でいえばツールに力いれている大手証券会社がシステムダウンでログインできなかったりするのに、DMM FXは問題なかった。こればかりはFXをやるリスクとして認識して、複数の口座を持つなどのリスクヘッジをして、注意するしかない。

約定力に関しては、取引が集中する指標発表時でなければ気にすることはない。0.1秒が大事な高速取引をするならどこのシステム会社を採用しているか気にする必要があるが、そもそもDMM FXはスキャルピングなどの高速取引を禁止しているので、ごくごく普通に取引するだけでなら気にしなくて良い。

取引ツールは4種類

PC版取引ツールは2種類。「PLUS」と「STANDARD」。PLUSは画面レイアウトや表示内容をカスタマイズできる。複数のチャートを開くことも可能。STANDARDは、1つの通貨ペアの注文に特化した作りになっているので、最初はSTANDARDの方ができることが限られているため使いやすいだろう。

個人的にはPCツールよりスマホアプリが使いやすい。大画面のPCよりも小さい画面のスマホの方が取引しやすいというのは、少々違和感はあるが…。それだけスマホアプリのUIが洗練されているのだろう。

DMM FXのスマホアプリ
(スマホアプリ)

DMM FX STANDARD
(DMM FX STANDARD)

DMM FX PLUS
(DMM FX PLUS)

DMM FXのコスト

DMM FXのスプレッド2020/1
※2020年1月の提示率。すべて原則固定スプレッド。

DMM FXは低スプレッドが売りの口座。通常スプレッドの配信率も高めで、コストに関しては気にすることがない。

手数料について

取引手数料、口座維持管理費、取引手数料・ロスカット手数料、出金手数料無料。

DMM FXの安全性と信頼性

DMM FXを運営する会社がDMMだと思ってる人が多いが、DMM FXの運営元は、株式会社DMM.com証券。上場企業ではないが、DMMという偉大なネームバリューがあり、投資家からの信頼度が高い。資本金98億円、自己資本規制比率は277.2%(平成30年9月末)。金融商品取引業者登録は、平成19年9月30日【第一種金融商品取引業 関東財務局長(金商)第1629号】。

また、「日本証券業協会(協会員番号1105)」「金融先物取引業協会(協会員番号1145)」「日本投資者保護基金」に加入、認定投資者保護団体に加入。

信託保全は、日証金信託銀行株式会社、株式会社SMBC信託銀行、FXクリアリング信託株式会社において全額信託保全。

国内口座数第1位

DMM.com証券は、国内口座数第1位(※2020年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月口座数調査報告書))

2020年10周年を迎えたDMM.com証券。旧SVC證券とはいえ、DMM FXという新しいサービスを新規で業界へ参入するのは一苦労だったと思われる。FX業界への参入当初は、インパクトの強い1大イベント的な特典もあった。

特典のために口座開設する人も多いかと思われたが、国内口座数トップになり、取引を行うトレーダーが多いことが得点目当てだけなく、取引のしやすさを証明している。

サポート対応が良いことや、年末に取引量に応じたカタログギフトをプレゼントするなどトレーダーファーストのFX会社であるといえる。

DMM FXのスペック

DMM FX

当サイトからDMM FXに新規口座開設すると通常の口座開設キャッシュバックキャンペーンに加えて、特別タイアップキャンペーンが適用されるのでとってもお得!詳しくはタイアップ専用ページをチェックしてみてください。

会社名 株式会社DMM.com証券
公式サイト >> http://fx.dmm.com/
クイック入金
取扱通貨ペア数 20
スプレッド USD/JPY 0.2銭(原則固定例外あり)
スプレッド EUR/JPY 0.5銭(原則固定例外あり)
スプレッド GBP/JPY 1.0銭(原則固定例外あり)
スプレッド AUD/JPY 0.7銭(原則固定例外あり)
スプレッド EUR/USD 0.4pips(原則固定例外あり)
スプレッド GBP/USD 1.0pips(原則固定例外あり)
スプレッド AUD/USD 0.9pips(原則固定例外あり)
最小売買単位 1万通貨
初回入金額 指定無し

まとめ

低スプレッド、癖のないシンプルな取引ツール、24時間LINEサポートなど、見た目にわかりやすいサービスを提供しているDMM FX。タイアップキャッシュバックの受け取り条件が、初めてFXやる人も簡単に達成できる内容なので、初めてのFXや1回挫折した人に向いている。ぜひ、当サイトのタイアップを利用して取引資金の足しにしてもらえたらと思う。以下のページで詳しく解説しているので、時間がある方は見てほしい。

ページTOPに戻る

【おススメ!】元金融OLが愛用中の口座

人気記事ランキング

このサイトについて

著者紹介

名前:元金融OL (鼻炎)
金融機関でOLをしているときにFXで溶かした200万を取り返したので、次は1億稼いでハワイに移住する事を目標に日々FX取引をしています。