ユーロ円スプレッド比較 《ユーロ円取引がしやすいFX業者はどこ?》

米ドル円よりも利益が狙いやすいユーロ円(個人的見解)




ユーロは、米ドルに次いで世界2位の取引量を誇る通貨です。取引量も多く、世界基軸通貨にも数えられますが米ドルよりも値動きが大きく、為替差益を積極的に狙っていけるのです(`・ω・´)b

米ドル円は相場が安定していて動かない時も多く、タイミングによって差益を狙うのが難しいので、個人的には米ドルよりはユーロ円での取引のほうが利益が狙いやすいと思っています。

ユーロ円は、値動きが米ドル円より大きいと言っても、英ポンド円のようなジェットコースター相場ではないので、FX暦が浅い人でも値動きの予測がつけやすいです。FXをやるなら米ドル円とユーロ円は押さえておいた方が良いです。


ユーロ円スプレッド比較

表の矢印をクリックすると、スプレッドの狭い順にソートが出来ます。

社名スプレッド公式
ヒロセ通商0.5銭(原則固定例外あり)詳細
確認
GMOクリック証券0.5銭(原則固定例外あり)詳細
確認
外為ジャパン0.5銭(原則固定例外あり)詳細
確認
DMM FX0.5銭(原則固定例外あり)詳細
確認
外為オンライン2.0銭(原則固定例外あり)詳細
確認
アイネットFX1.4銭~2.0銭詳細
確認
JFX0.5銭(原則固定例外あり)詳細
確認
ヒロセ通商0.4銭(原則固定例外あり)詳細
確認
YJFX!0.5銭(原則固定例外あり)詳細
確認
マネーパートナーズ0.4銭(原則固定例外あり)詳細
確認
※ 上記全て原則固定スプレッドです。

ユーロ円は、米国の情報を把握しておくと取引しやすい

ユーロは、EU加盟国に流通している通貨です。16ヶ国に流通している通貨ですが、情勢をチェックするのはドイツ・フランス・スペイン・イタリアの4ヶ国で充分です。

それ以上に注目して欲しいのは、ユーロは米ドルと反対の動きが起きやすいという事。米ドルの避難通貨としても利用される事が多く、米国の経済状況が下降気味だと、ドルが売られてユーロが買われるという現象がよく起きますので、米国の経済情報やチャートもチェックするとユーロの動向が掴みやすくなります(*´∀`*)ちなみに2017年はユーロに影響ありそうな経済情報が目白押しだから注意して取引した方がいいですよ('ω')ノ



ユーロ円取引におすすめのFX業者


ヒロセ通商

ヒロセ通商の公式サイト

ユーロ円で取引するなら断然ヒロセ通商かな。ユーロ円0.5銭(原則固定例外あり)の低スプレッドはさることながら、使いやすい取引ツールに豊富な情報量とサービス。1000通貨から取引できるうえに、取引できる通貨も多い。メジャー通貨、マイナー通貨どちらを取引するうえでも見逃せないFX会社です。

元金融OLも愛用!総合評価Sの使いやすいFX会社
ヒロセ通商公式サイトで詳細を確認



GMOクリック証券

GMOクリック証券キャプチャ

業界最狭水準のユーロ円スプレッド0.5銭(原則固定例外あり)。低スプレッドだから、有利に取引が出来る(`・ω・´)

チャートと同時に、経済ニュースがチェックできるプラチナチャートは、ユーロ円の動きも読み取りやすい☆ チャートの複数画面表示(最大16画面表示可能)も出来るので、米ドル円のチャートも同時にチェックできるよd(*゚∀゚*) 1つのチャートで、経済ニュースチェックもチャート比較も簡潔するから、めちゃめちゃ便利♪

複数画面&経済情報配信でユロ円取引に最適なプラチナチャート
GMOクリック証券公式サイトで詳細を確認



みんなのFX

みんなのFX公式サイト

みんなのFXも安定してスプレッドが狭いFX業者ヾ(o´ェ`o)ノ 頻繁にスプレッド縮小キャンペーンを行っているので、今提示されているスプレッドよりも更に狭いスプレッドで取引できるチャンスがあります♪サブ口座として持っておいてスプレッド縮小キャンペーンの時にはメインで取引するのもアリかも♪

取引ツールはカスタマイズ性が高く、指標情報を表示させたり、シンプルにチャートと注文画面のみを表示させたりと、自分好みのレイアウトが作れるから、取引もスムーズにできる(*´∀`*) ニュース情報は、SNSでもメルマガでも配信してくれるのでEU諸国や米国の情報の見逃しも無い

経済情報が豊富☆ EU情勢もすぐに把握できる
みんなのFX公式サイトで詳細を確認



こちらの記事も読まれています。

ページTOPに戻る
厳選!おすすめのFX口座
人気記事ランキング
このサイトについて

著者紹介

名前:元金融OL(鼻炎)
FXで大損こいて、OLしながらコツコツ貯めた約200万円の貯金を溶かしたがFXで取り返した。次は1億稼いでハワイに移住する事を目標に日々FXをしている。