リスクヘッジにもいくつか種類があります。

初心者が覚えておきたいリスクヘッジ


コストを抑えてFXをする方法を伝授

取引に慣れたら、リスクヘッジを考えたくなるというタイトルですが、実際にFX初心者は取引をする前にリスクヘッジの方法をしっかり覚えておいて、いざという時にしっかり対応出来る事が理想です。

FXにはリスクヘッジの方法が沢山ありますが、その時の状況にあわせて臨機応変に取引をすることが大事です。 という事でFX初心者の方に私の役立つ情報?やリスクヘッジの方法をいくつか紹介したいと思います。

土日のスワップポイント

基本的に土曜日と日曜日は、スワップポイントの発生がありません。しかし、週中にまとめてスワップポイントが反映されるんです。そして、そのスワップポイントは土日にポジション持ってなくても、スワップポイントが反映されるタイミングでポジション持っていればもらえちゃいます。

例えば、土日のスワップが水曜日に反映される場合は、水曜日から木曜日にFX会社のシステムが変わる時にポジションを持ってればいいのです。ほとんどのFX会社は公式サイトでスワップ反映に関する詳細を書いてます。

あるFX会社では、曜日がかわるニューヨーククローズとともにスワップポイントが反映されるらしいですよ!ってことは、日本時間にすると木曜日の朝6時くらいってことかな?(´∀`*) こんな情報は、調べてみると面白いので参考までに覚えておいてください!



リスクヘッジで逆指値して大丈夫??

リスクヘッジとして逆指値注文を入れる場合があります。例えば、ドル/円100.00の時に買い指値の注文出します。そして、95円まで下落することを想定して5円の損を出さないようにするために、98.00円で売り逆指値注文を入れときます。そうすれば、2円の損ですみますよね。

でも、指値、逆指値注文は、約定しないことが多いです。だからといってストリーミング注文だと、すべるし・・・そして、ストップ狩りのところで解説してますが、ストップ注文入れると、ストップ狩りにあう可能性がある。このような注文機能を使ったリスクヘッジはとても便利ですが、信頼できるFX会社を選ばないと、リスクヘッジがリスクヘッジじゃなくなるどころかリスクを膨らませる可能性もあるから!!2円だろうと5円だろうと、損することには変わりないですよね。

悪徳FX会社って本当嫌ですね。余計な神経使うことになるからね。FX会社をしっかり選ぶことが一番のリスクヘッジかもしれませんね。



リスクヘッジで動きが逆の通貨ペアを買う

初心者が取引に慣れてきたら、動きが異なる2通貨ペアを同時に取引することでリスクヘッジすることができます。円を含む通貨ペアは、だいたい同じ動きをするから、円を含まない通貨ペアをリスクヘッジとして買う方法があります。

一方の通貨ペアが下落しても、もう一方の通貨ペアは反対の動きをするので、プラスになりますよね。ただ、円を含まない通貨ペアの売買をすることになるので、取引に慣れてからがいいかもしれません。それから、あらゆる通貨ペアの特長を知ることが先の方がいいでしょう。しっかり見極めないと逆にリスクが増えてしまう事もありますので注意が必要です。



リスクヘッジを考えられる人の方が強い

リスクヘッジをすることで心にも余裕が持てます。感情的になってしまうというFXのデメリットを少なくしてくれるのです。

例えばリスクヘッジである分散投資をしないで取引をしてた場合、つい感情的になってしまい損失の拡大や利益のロスに繋がります。特に初心者に多いのです。FXはギャンブルでは無く投資なのです。FXで取引するうえで大事なことはしっかりリスクヘッジして常に冷静に分析する事です。勝つも負けるも自分次第ですよ。


リスクヘッジをする為の、外貨と外貨で取引をするならヒロセ通商がおすすめです。50通貨ペアと種類が豊富なことと、スプレッドが狭いので、コストをかけずにリスクヘッジができます。



ページTOPに戻る

【おススメ!】元金融OLが愛用中の口座

人気記事ランキング

このサイトについて

著者紹介

名前:元金融OL (鼻炎)
金融機関でOLをしているときにFXで溶かした200万を取り返したので、次は1億稼いでハワイに移住する事を目標に日々FX取引をしています。