米国GDP速報値

米国GDP速報値とは


FXやってると、GDPという言葉もよく目にします。これは、米国GDP(米国内総生産)速報値といって、四半期毎に集計される米国内で生産された財とサービスの付加価値の総額です。個人消費、設備投資、住宅投資、在庫投資、政府支出、純輸出で構成され、アメリカ経済全体の景気の動きを知るためにとっても重要度が高くて、注目されている指標です。



発表時間をチェック!!ポジションを決済しておこう!

発表日日本時間サマータイム現地時間
1・4・7・10月下旬22時30分21時30分8時30分


2017年米国GDP(速報値)最新情報

発表日前回予想結果
1月27日3.5%2.2%1.9%
4月28日2.1%1.0%0.7%


GDPには2種類

期間内の経済活動水準を市場価格で評価した名目GDPと、名目GDPから物価の変動の影響を除いた実質GDPというものがあり、翌月に速報値、翌々月に改定値、更にその翌月に確報値の順番で発表されます。結局3段階にわけて発表するみたいだけど、速報値以外の改定値とか確報値ってあまり相場に影響しないっぽいですよwそして、発表されるのは、確か実質GDPの方です。ちなみに指標の発表って事前に予想値が出回っているので、そこの値と比べて結果がどうなるのかがかなり重要だからね。




財とサービスの付加価値ってどうやって決めるの?

財とサービスの付加価値は、個人消費、設備投資、住宅投資、在庫投資、政府支出、純輸出で構成されています。



個人消費

個人消費は、アメリカGDPの約7割を占める個人が購入する財貨とサービスが中心。特長は、名目GDPにおける構成比率が高いことです。景気循環の把握には、非耐久財購入の結果が利用されます。



設備投資

設備投資というのは、構築物と機械設備とソフトウェアに分類されます。構築物は、非居住者用建物、鉄道などのインフラを指し、機械設備とソフトウェアは、コンピューターなどの情報関連設備と産業機械が対象とされています。



住宅投資

住宅投資は、単身用と家族用に分類されます。住宅投資は耐久消費財との相関性が高いため、景気変動要因として重要な指標です。



在宅投資

在庫循環が景気の局面を促えるのに重要な在宅投資ですが、四半期毎のブレが大きく予測が難しいことが特長です。近年は在庫管理技術の進歩により変動が小さくなってきている傾向があります。




結局のところ・・・

前の文章でも書いたけど、GDPの発表は、速報値改定値確報値と発表されますが、相場に影響がでるのは、速報値です。改定値と確報値は相場に影響が少ないと言えます。GDPの速報値が、予想値を上回っていた場合は買い要因、下回っていた場合は売り要因となります。GDPは、頻繁に改定されるので、中長期的な景気の変動を把握するのに向いてる指標ですね。なので、短期的な景気変動を把握するには、あまり向いていない指標だと思います。実質GDPを把握することで、アメリカ経済の景気動向を把握できますね。でも、相場で1番大事なことは、今投資家たちがどの指標に最も注目して取引しているかということによって自分の見る指標が変わってきますよ。これを知ってれば大丈夫ってこともありません。



経済指標時に有利に取引ができるFX会社

FX取引で、経済指標が相場の動きに大きく関わってくるというのは分かりましたよね。私も、経済指標はしっかりチェックしています。FX初心者は、この経済指標の発表時期などをつい忘れがちです。ですが、経済指標は取引をしている上でプラスにもなりますし、ないがしろにすると大きくマイナスになる事もあるので気をつけてください。

もう一つは、約定力です。指標発表時には、どのFX会社も必ずと言っていいほど、スプレッドは広がります。取引が集中するため仕方ありません。その中でもサーバー・約定力が強いFX会社で取引をすれば、指標発表時も有利に取引ができます。
経済指標を上手に利用して取引をするには、ヒロセ通商GMOクリック証券の、取引チャート上に経済指標や経済ニュースが表示される取引チャートを使用しましょう!


ヒロセ通商


ヒロセ通商の取引チャートです。黄色い逆三角系の箇所が、指標発表のときです。この黄色いマークのところで指標発表がある事が一目で分かりますよね。これなら忘れる心配がありません。
見たい指標のボタンをクリックすれば、詳しい内容を見る事ができます。ヒロセ通商は100%の約定成立を誇ります。指標発表時も有利に取引できること間違いなしです。

ヒロセ通商取引ツール詳細はこちら



GMOクリック証券


GMOクリック証券の取引チャートです。指標発表のタイミングの箇所ごとに番号がふってあります。ヒロセ通商の指標発表ボタンとほぼ一緒ですね。発表される時間帯まで見れるのはありがたい!

GMOクリック証券の取引ツール詳細はこちら



ページTOPに戻る
厳選!おすすめのFX口座
人気記事ランキング
このサイトについて

著者紹介

名前:元金融OL(鼻炎)
FXで大損こいて、OLしながらコツコツ貯めた約200万円の貯金を溶かしたがFXで取り返した。次は1億稼いでハワイに移住する事を目標に日々FXをしている。