米国雇用統計

米国雇用統計とは


これは、米国内の景気の動きを知る重要な指標です。簡単に説明すると、景気のトレンドの最重要指標ってことになるよ。インフレの動きにも考慮する必要があります。

米国雇用統計は、事前予想と発表結果と結びつかないことも珍しくありません。この発表は市場が大きく変動することが多いから注目すべき経済指標です。


いつ発表??アラームでもかけとこー!

発表日日本時間サマータイム現地時間
毎月第1金曜日22時30分21時30分8時30分

忘れがちなあなたにおすすめのアラートメール


経済指標メールを使うならここで口座開設☆

経済指標は、つい忘れがち。発表してから慌てて取引しても、もう遅いのです。ヒロセ通商なら、経済指標発表前にメールでお知らせしてくれるので、忘れっぽい方は利用しましょう!ちなみに私も使ってますwww忘れたら大ピンチですからね。発表前から相場が動き出しますよ!


アメリカの景気動向を計る項目はコレだ!

失業率・非農業部門雇用者数・製造業部門雇用者数・小売業部門就業者数・週労働時間・賃金インフレの状態を示す平均時給など10数種類の項目から判断します。この中で1番重要視したい項目が「非農業部門雇用者数」です。


失業率の定義

失業者÷労働力人口×100で失業率が計算されます。そして16歳以上の男女が失業率を出す対象になります。これに、軍隊や服役者、労働意思のない人は含まれていません。


1番重要視する「非農業部門雇用者数」とは・・・

この集計方法は、非農業部門の事業所の給与支払帳簿を基にします。農業以外の産業で働く、経営者や自営業者を含まない雇用者の増減を示します。

また、農業以外の産業で業種別にも発表され、注目される業種が製造業の就業者数です。


景気回復の見込み

非農業部門雇用者数の毎月15万人程度の増加が労働市場における景気回復の目安だそうです。


こちらはヒロセ通商の経済指標カレンダーです。前回の結果や予想値が書いてありますね。

ファンダメンタルズ分析をよくしている人には、ヒロセ通商は情報量が他のFX会社よりも多い事や、アラート機能やお知らせ機能が充実しているので、私も愛用しているFX会社です。

ヒロセ通商の公式サイトで詳しい情報を見る

ページTOPに戻る

優良!元金融OLが愛用中の口座

人気記事ランキング

このサイトについて

著者紹介

名前:元金融OL(鼻炎)
FXで大損こいて、OLしながらコツコツ貯めた約200万円の貯金を溶かしたがFXで取り返した。次は1億稼いでハワイに移住する事を目標に日々FXをしている。