FX会社の信頼性~そのFX会社本当に大丈夫?

FX会社の信頼性を探るには、5つのポイントを抑えておけば見極められる

FX会社の信頼性を図る指標は、5つあります。悪徳FX会社を選ばないためにも、FX口座を開設する証券会社の財務や業務の健全性をしっかり調べましょう。このページでは元金融OLが、色々なFX会社を使ってみて『ここだけは見ておけ!』っていうポイントを紹介していきます。FX会社を信頼するには、まず私を信頼して要チェック( ´ⅴ`)ノ


チェック 選んだFX会社は金商を持っていますか?

金融商品を取り扱う業者は、金融庁の各管轄財務局に登録しなければ、金融商品を取り扱うことができません。ですので、きちんと登録をした上でFXサービスを提供している会社には、登録番号が付与されています。

ヒロセ通商金商番号

逆に、この金商の登録番号が無いFX会社は確実にヤバイ! FX口座を開設する時には、必ずこの金商が記載されているかを確認しましょう。そして、念には念をで金融商品取引業者登録一覧で検索してみましょう。



チェック 選んだFX会社の運営実績をちゃんと知ってますか?

老舗の証券会社でも、社名を何度も変更している証券会社がたくさんあります。社名を変更しているからといって、悪徳FX会社にはなりませんが、大事なことは運営実績が長く、商号変更の理由が明確にされている証券会社を選ぶことです。

気になる証券会社があれば、ウィキペディアなどでもその会社の経営年表のようなものが見れます。どんな運営実績があるのか、確認してみましょう。



選んだFX会社の資本金を知ってますか?

資本金は多ければ多いだけ良いとされています。なぜなら、資本金は企業の土台となるからです。証券会社に限らず全ての企業に言えることですが、資本金が多いことで企業は取引先が増えたり、多額の融資を受けることができたりします。

私達投資家には直接関係ありませんが、万が一企業が倒産した場合、取引先となる企業への支払金額として、資本金分は返済しなければならいと法律で決められているとか。。。 つまり結論からいうと、資本金の金額で企業の大きさを図ることが出来るという事です。



チェック 選んだFX会社の自己資本規制比率を把握してますか?

自己資本規制比率は、FX会社が抱えるリスクに対して、すぐ現金化できるお金がどのくらいあるかを示す指標です。では、「自己資本規制比率が高ければ安心できる」というのは、本当なのでしょうか。

応えは、本当と言っても過言ではありません。自己資本比率は、%で表示され120%を下回ると経営が危ないとされています。FX会社の自己資本規制比率についてという記事でも書きましたが、私たちはFX会社に資金を預けているので、経営状態は常に把握しておかなければいけません。

経営悪化で倒産した場合、急に取引が出来なくなる事や預け金が戻ってこないなんていう事もありえます。FX口座でお金を預ける前に、FX会社の自己資本比率については調べておくのがいいです。



チェック 選んだFX会社の顧客の資産管理方法(信託保全)を把握してますか?

私達が預ける証拠金等の資産は、100%守られているのでしょうか。それを知るためにはFX会社の信託保全について把握しておかなければいけません。

信託保全とは、私たちが預けたお金を銀行などに別保管しておき、会社の経営などとは完全に分離している状態です。なので、万が一にも利用しているFX会社が倒産をしても、預けたお金は別で管理されているので、私たちには戻ってくるようになっています。

今は、FX会社の信託保全は金融庁により規定化されており、必ず信託保全をしないといけなくなっていますが、許可を得ないで運営しているFX会社や、海外のFX会社は信託保全が無い場合がほとんどです。

資産を安全に守りながら投資を行うには、きちんと顧客の資産管理をしているFX会社を選ばないと痛い目を見ます。特に、海外FX会社を紹介しているサイトもありますが信用問題的にも論外です。私は断然国内FX会社をおすすめします。金融庁に登録している国内のFX会社であれば基本的には信頼できるはずです。どこを選べばいいかはこっちの記事を見てね♪>> 国内FX業者を独断と偏見でFX業者を評価してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ツールにこだわれる!快適にFXができる会社

FX初心者でも安心!少額からFXができる会社

関連記事

元金融OL愛用☆FX会社 その1

  1. 004

    ヒロセ通商

    愛用度:1位
    http://hirose-fx.co.jp/
    最近リニューアルしたLIONチャートは今1番のお気に入り。複数チャートからちょっとマイナーなテクニカル指標まで搭載されているからFX初心者から上級者になっても満足できる取引ツール。しかも、約定率が99.9%と高いのでヒロセ通商なら安心して取引できる♪

元金融OL愛用☆FX会社 その2

  1. 004

    DMM FX

    愛用度:2位
    http://fx.dmm.com/fx/
    DMM.com証券は国内口座数第一位(2017年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2017年1月口座数調査報告書))。信頼性・ツールが使いやすい・スプレッドが狭い・業界初のLINEサポート実施・取引応援ポイントなど、個人投資家の取引サポート体制が充実している。特にスマホ取引がメインになる人はDMMFXのアプリが1番使いやすい。直感的に使えるし、チャート分析も注文もやりたいことを迷わないで出来てストレスなかった。

元金融OL愛用☆FX会社 その3

  1. 004

    GMOクリック証券FX

    愛用度:3位
    http://www.click-sec.com/
    GMOクリック証券は、2013年度オリコン顧客満足度No.1、取引高世界1位と多くのトレーダーから支持されているFX会社です。使いやすい取引ツール、狭いスプレッドで取引しやすいのでFX初心者にも自信持っておすすめできるFX会社です。

元金融OL愛用☆FX会社 その4

  1. 004

    みんなのFX

    愛用度:4位
    http://min-fx.jp/
    専用アプリケーションのインストールが不要のブラウザ型取引ツールが使いやすい!同口座で取引できるバイナリーオプション「みんなのバイナリー」も人気があります。相場のトレンドに合わせてチャンスを逃がさない取引が可能です。

元金融OL愛用☆FX会社 その5

  1. 004

    SBI FXトレード

    愛用度:5位
    http://www.sbifxt.co.jp/
    業界初の4桁スプレッド表示で、ギリギリまで狭いスプレッドを提示してくれているのでコスト面は文句無し☆ 驚きの1通貨からFXができるSBIFXトレード!1通貨からの取引でも手数料無料という有りがたいサービスも。コスト重視ならSBIFXトレードで間違いない!
当サイトを通じて口座開設した方の統計を元に、おすすめのFX口座を紹介しています。
最終更新日; 2月16日
DMMFX

人気記事ランキング

  1. GMOクリック証券(FXネオ)ってどうなの?[評価/評判] 《元金融OL的レビュー》

    2018-02-05

    GMOクリック証券(FXネオ)ってどうなの?[評価/評判] 《元金融OL的レビュー》

    GMOクリック証券は、取引高第1位と国内外問わずに多くのトレーダーに支持されているFX業者です。なぜGMOクリック証券に人気があつまるのか?何が使いやすいのか?を紹介していきます。
  2. DMM FXってどうなの?[評価/評判] 《元金融OL的レビュー》

    2018-02-05

    DMM FXってどうなの?[評価/評判] 《元金融OL的レビュー》

    DMM FXの総合評価はS!ツールをリニューアルしてオールインワンで管理ができるようになりツールの評判もよくなりました☆FX業界唯一のLINEでの24時間対応なども評判が高い!FX初心者でもDMM FXを初めて使った人にもサポートがしっかりしているので使いこめるFX業者だと思います!
  3. 独断と偏見でFX業者を評価してみた

    2018-02-05

    独断と偏見でFX業者を評価してみた

    FX業者を安定性、低コスト、使いやすさに注目してまとめてみました。個人の主観と使ってみた感想で分けてます。FXの口座開設の参考にしてください。
  4. ライオンFX(ヒロセ通商)ってどうなの?[評価/評判] 《元金融OL的レビュー》

    2018-02-10

    ライオンFX(ヒロセ通商)ってどうなの?[評価/評判] 《元金融OL的レビュー》

    ヒロセ通商の魅力は約定率99.9%と強い事、1,000通貨取引対応でドル円なら数千円で取引ができちゃう事!スプレッドも業界最高水準で狭いからガンガン取引できるし、しかも取引すればするだけキャンペーンを受けられる!ここまでサービスが多いFX会社はめずらしい!
  5. 少額でFX!1,000通貨取引ができるオススメFX業社

    2018-02-07

    少額でFX!1,000通貨取引ができるオススメFX業社

    少額でFXができるFX業者を厳選!更に1000通貨対応のFX業社を比較して、おすすめの業社をお教えします!少額取引ができるFX業者選びでまず気をつけることは、取引手数料。せっかく少額で取引ができるのに、取引手数料がかかったら意味がありません。
ページ上部へ戻る