ETFのやり方を「トライオートETF」を使って紹介

ETF初心者は、トライオートETFを使って自動売買でチャレンジすれば難しくない


お金を運用する

トライオートETF公式サイト

ETFのやり方は、トライオートETFを使えば難しくないです。ETFは、1万円程度の少額から分散投資ができ、個別の銘柄に投資するよりもリスクが低くく、運用状況によって分配金を受け取ることができます。実はFXや株よりも少額で取引できて、投資リスクが低いんです。良い商品なのに、ETFを知ってる人は日本に6%しかいません。

ETFは、上場投資信託といって、投資信託ですが上場しているので、株と同じように証券会社で始めることができるので結構身近にある投資商品です。でも、難しいというイメージを持っている方が多く、ETFの存在は知ってるし、興味はあっても、実際やってる人はいないですよね。でも、これからETFは人気がでてくると思います。

その理由のひとつに、FXの自動売買で人気があるインヴァスト証券がETFの自動売買のサービス「トライオートETF」をリリースしたということがあります。難しそうだと思って手が出せなかった方もトライオートETFなら直感的に始められると思います。

ETFは難しくない!ただしトライオートETFならね!

ETFの難しいところは、やっぱり銘柄選びです。ETFの銘柄は、聞きなれない名前ばかりなので、なんだかよくわかりませんよね。銘柄を選ぶのは本当に一苦労です。でも、トライオートETFは、銘柄選びで悩むことがありません!

現在ETFの銘柄は220銘柄ありますが、トライオートETFで選べる銘柄は26銘柄です。自動売買に適した銘柄のみが厳選されています。220銘柄から厳選してくれてるので選びやすいです。

そしてもうひとつの難しいところがやっぱりいつ買っていつ売るかです。「値上がりしたのに手放すタイミングの逃して、結局ほとんど利益にならなかった。」あるあるだと思いますが、これに関してもトライオートETFは、一定のロジックに従って取引を繰り返す自動売買なので機会損失がなくなります

そして、自動売買のメリットは、時間に拘束されないところです。仕事の合間の隙間時間にPCやスマホアプリで確認するだけでOK。チャートに張り付かなくてOKです。

ステップ(1)

ETF自動売買セレクト一覧
※ ETF自動売買セレクト一覧

ETF自動売買セレクト一覧で銘柄を選びます。セレクト画面は、下記の順に入れ替えて銘柄を探すことができます。私の探し方のおすすめは素直に収益率の高いものを選ぶのがおすすめ。セレクト画面に表示されている推奨証拠金は口数が多めに設定されているので、この画面で1口に変更すれば推奨証拠金も少なくなります。人気の銘柄は、1口5万円ちょっとくらいのが多いです。


ステップ(2)

銘柄の詳細
※ 銘柄の詳細

銘柄の詳細画面では、期間の損益チャート、期間実現損益、現在の評価損益、期間収益率、推奨証拠金を確認することができます。トライオートETFは、1口から購入可能なので、銘柄の詳細画面で口数を調整すると、口数に連動して、推奨証拠金や収益率、損益の金額が自動で変更されます。良さそうならカートに入れます。

ステップ(3)

カートを確認
※ カート 画面

カート画面を開くと、合算された期間の損益チャート、期間実現損益、現在の評価損益、期間収益率、推奨証拠金、リスクリターン評価を確認できます。自分の選んだ銘柄の組み合わせのリスクに対するリターンの割合は、Excellent ⇒ VeryGood ⇒ Good ⇒ Badの4段階で表示されます。Badの場合、ハイリスクローリターンということになるので、組み合わせを変更しましょう。

忘れちゃいけないのが取引コスト

トライオートETFは、口座開設、口座管理も0円。売買手数料は0円ですが、0.05%から0.3%のスプレッド(買い値と売り値の差額)がありますので、なるべく買値と売値の差が小さい銘柄を選んだ方が低コストで運用できます。

それからもう一つのコストが金利です。トライオートETFは、CFD(差金決済)の仕組みを使っているので、ポジションに対して金利がかかります。金利の負担は、年間0.9%+Libor(ライボー)%。Liborは、国の政策金利のことなので、保有するポジションの国の金利になります。

ETF、もうひとつの利益

ETFには分配金があります。株でいう配当金のことです。利回りの高い銘柄を選ぶのも大事です。インヴァスト証券のブログで高利回りの銘柄が紹介していますので、口座開設したらチェックしてみてください。また、分配金は必ずもらえるわけではなく、分配金が見込めない銘柄もあります。たとえば、金・原油を対象にしている銘柄、レバレッジ型のETFなどです。

トライオートETFの取引概要

取扱銘柄 TOPIX連動ETF・日経225ETF・日経レバ・日経Wインバ・MSCIワールド・金融株トリプル・中国代表株50・SPDRゴールド・EU大型株ヘッジ・高利回り社債・大型バリュー株・小型株・投資適格社債・ナスダック100・S&P500ETF・S&P500ダブル・ナスダック100トリプル・原油ETF・バンガード新興国株・エネルギー株・金融株・資本財株・テクノロジー株・生活必需品株・公益事業株・一般消費財株(全26銘柄)
取引単位 1口(TOPIX連動ETFは10口)
最低取引数 1口
取引時間(日本銘柄) 9:05~11:25、12:35~14:55
取引時間(米国銘柄) [通常期間] 23:35~翌5:55
[米国サマータイム期間] 22:35~翌4:55
口座開設・管理手数料 0円
売買手数料 0円
金利 年間0.9%+Libor(ライボー)%
レバレッジ 5倍
ロスカット 有効比率100%以下

トライオートETFは、投資金ゼロでお試しできる方法がある

トライオートETFやってみたい、ちょっと投資にチャレンジしてみたい、でも余剰資金がないからできない・・・。そんな投資初心者やETF初心者におすすめのETFの始め方があります。

インヴァスト証券のマネーハッチ

インヴァスト証券にマネーハッチというサービスがあります。これは、クレジットカードのポイントを使って、ETFをやるサービスです。なので、最初に投資金を用意する必要はなし

クレジットカードのポイントって、約5割が有効期限内にポイントが使われず無駄になっているそうです。ポイントが貯まるからクレジットカード払いにしてるのに、結局、お得感だけ味わって、実際にはポイントを使ってないようです。

このような実態があり、インヴァスト証券はクレジットカードのポイントをそのまま投資金として自動的に運用して増やそうというサービスを始めました。それが「マネーハッチ」です。

マネーハッチ管理画面1
マネーハッチ管理画面:口座状況の画面

マネーハッチ管理画面2
マネーハッチ管理画面:口座資産の画面

マネーハッチ管理画面3
マネーハッチ管理画面:投資スタイルを選ぶ画面

マネーハッチの利用方法

マネーハッチを利用するためには、インヴァストカードを作ります。作ったら、マネーハッチにログインして、積立原資の登録をします。これだけで、カードを使って貯まったポイントを使って積み立て投資ができます。毎週月曜日に0.1口から自動購入されます。一度運用したポイントは、下ろすことができます。

投資資金ゼロで始められて、毎月の投資金もカードのポイントを使うなんて画期的ですよね。興味がある方は、トライオートETFの口座開設後、マネーハッチに登録してみてください。

インヴァスト証券の口座開設手順

インヴァスト証券の口座開設手順は5分で完了します。

トライオートETF公式サイト
※ トライオートETF公式サイト

こちらから口座開設申込画面に移動します。今なら、口座開設+取引で10,000円もらえます!

規約・約款を読んで同意
※ 規約・約款を読んで同意します。

氏名・住所を入力
※ 氏名・住所を入力

勤務先情報を入力
※ 勤務先情報を入力 (よほどのことがない限り勤務先に連絡はきません。)

リスクに関する理解
※ リスクに関する内容を理解したら「はい」

確認画面
※ すべての情報を入力したら、確認画面に移動。OKだったら、次へすすみます。

本人確認書類のアップロード1
※ 通知カードか個人カードをアップロードします。

本人確認書類のアップロード2
※ 免許等の顔写真付きの身分証を1つ、もしくは、顔写真のない書類を2種類亜アップロードします。

まとめ

ETFの自動売買ができるのはインヴァスト証券だけです。自動売買なので取引時間を気にすることもないですし、銘柄選びも難しくなくて、隙間時間にPCやアプリで運用状況を確認すれば良いだけなので、本職に影響がでません。ETFに興味があれば、インヴァスト証券のオートレールETFやってみてください。

トライオートETFの口座開設申込はこちら

ページTOPに戻る

【おススメ!】元金融OLが愛用中の口座

人気記事ランキング

このサイトについて

著者紹介

名前:元金融OL (鼻炎)
金融機関でOLをしているときにFXで溶かした200万を取り返したので、次は1億稼いでハワイに移住する事を目標に日々FX取引をしています。