FXペンタゴンチャート

ペンタゴンチャートで為替相場が手にとるように分かる

ペンタゴンチャートは正五角形(ペンタゴン)を使って値動きを分析していくテクニカル指標です。FXだけでなく、株でもペンタゴンチャートは使われています。

このページでは、ペンタゴンチャートを使ったFXテクニカル分析の方法を、使った事の無い人にも紹介していきます。ペンタゴンチャートを使えるFX会社は少ないです。今回の記事ではGMOクリック証券のチャートに合わせて説明します。





ペンタゴンチャートとは

ペンタゴンチャートを利用する前に、ペンタゴンチャートがどんなものなのかという事からまずは説明します。

ペンタゴンチャートは五角形の「黄金分割」というものを利用して分析するテクニカル手法です。「1:0.618」の黄金分割比で構成された五角形を、時間・価格に当てはめて分析をしていきます。

黄金分割比とは2000年以上も前に発見された数学的法則です。自然界に存在する黄金比を見出し、「黄金比=1:1.618」と数式化したのが、FXをやっている方だったら聞き馴染みがあるであろう「数学者レオナルド・フィボナッチ」です。

黄金比を利用したテクニカル指標はペンタゴンチャートだけでなく「フィボナッチ・リトレースメント」もあります。この黄金比がなぜ、FXで予想で用いられているかというと、「黄金比を目指してしまうのが自然界の法則であるからだ」との考えからです。

黄金比は、自然界に多く存在する数列となっており「自然の摂理」とされています。植物の形、花の花弁、ミロのヴィーナスやレオナルド・ダヴィンチのモナリザ、葛飾北斎の「富嶽三十六景」にも黄金比の法則性が使われているそうです。

人間の心理の中に無意識に存在しているフィボナッチ数式を利用して、世界中の投資家による為替相場に対する市場意識を分析していく事ができます。「為替相場は黄金比に沿うように動く傾向がある」とされています。

だったらフィボナッチ・リトレースメントを使えばいいのではないかと思うかもしれませんが、フィボナッチ・リトレースメントの場合は価格の上下幅を予測するというテクニカル指標に対し、ペンタゴンチャートの場合は価格の上下幅と時間軸を元にして「いつトレンド転換が来るか」というような期間での為替相場予測ができるテクニカル指標です。

トレンド系とオシレーター系を兼ね備えているのがペンタゴンチャートです。


 

ペンタゴンチャートの使い方


ペンタゴンチャートの描き方

  • トレンドの節目、もしくは為替相場の価格の天井か底値を頂点にする
  • ペンタゴンの大きさ(期間)を調整する
  • 値動きの方向にペンタゴンを作っていく

ペンタゴンチャートの頂点を決める

ペンタゴンチャートの頂点を決める

GMOクリック証券FXのプラチナチャートを用いて説明していきます。上記は米ドル円の1時間足です。表示期間は2016年6月24日~7月5日。

ペンタゴンの頂点はトレンドの転換点や、相場の分岐点から描き始めます。

今回は分岐点となった英国のEU離脱国民投票が行われて相場が乱高下し終わった所で、ペンタゴンの頂点を決めました。


ローソク足に合わせてペンタゴンを追加していく

ペンタゴンチャートを相場の動きに合わせて置いていく

基準となる1つ目のペンタゴンが決まりクリックすると、緑色の線が出てきます。為替相場の流れに沿って、クリックすると自動で同じ大きさのペンタゴンが追加されていきます。


ペンタゴンチャートの使い方の基本は、ローソク足がペンタゴンの中にすべて収まるように描いていく事です。収まらないようでしたら、ペンタゴンの置き方が悪いか期間(ペンタゴンの大きさ)が間違えている可能性があるので、基準点から描き直しましょう。

6月24日から7月5日までペンタゴンチャートを描いてみました。



ローソク足が収まるようにおいていく

ここから、ペンタゴンチャートを使ったテクニカル分析を行っていきます。


ペンタゴンチャートを使った為替相場分析

まずは、ペンタゴンの見方から説明していきます。

ペンタゴンチャートを見る時は、各点と各辺にローソク足がどこに位置しているかでテクニカル分析を行っていきます。

ペンタゴンチャートの各点と各辺

為替相場は、各辺に沿って動いている事を基本にし、各点に到達したか、していないかで相場の方向性を予測していきます。


相場が反転しやすいシグナル



為替相場がペンタゴンに対して下から突き抜けてきた場合

一番上の頂点を基準にして、ローソク足がペンタゴンに下から上に来たものの、頂点に到達しなかった場合は為替相場が反転しやすくなるシグナルです。

先ほど描いたチャートで、頂点に達しなかった部分を抜き出してみました。



ペンタゴンチャートで相場が反転するところ

見てもらうと、ペンタゴンに対して下から上にローソク足は入ってきたものの1番上の頂点に達する事が無いと、相場が反転しているのが分かります。

反転する価格の目安としては、ローソク足が入ってきた始まりの辺の部分と、終わりの辺は同じくらいにの価格に反転します。

.

相場の分岐点になるシグナル


各点にローソク足が触れると、為替相場の分岐点になる傾向にあります。

ペンタゴンチャートの分岐点になる目安

①と②、どちらもレンジ相場から各点に到達したのちに相場分岐となっています。①の場合は上昇しており、②の場合は下降していますね。

①の場合は頂点に到達し、上方向に向かって相場は上昇したものの1番上の頂点に達しなかったので上昇したのちに反転しています。「相場が反転しやすいシグナル」と併用して分析する事ができます。

②の場合は頂点に到達したのちに、交点に触れてからもう一つの頂点に吸い寄せられるように動いています。相場は各点に吸い寄せられる性質にあるというのがペンタゴンチャートの基本です。入りの相場が各点に触れ、二つ目の各点に触れた場合は次もまた各点に吸い寄せられると予測する事ができます。


ペンタゴンチャートのまとめ

  • 為替相場は黄金比に沿って動く傾向にある
  • 相場はペンタゴンの各点に引き寄せられる
  • 相場はペンタゴンの各辺に沿って動く
  • ローソク足はペンタゴンに収まるように描画する

ペンタゴンチャートと相性の良いテクニカル指標

ペンタゴンチャートは、トレンドラインなどと同じ描画系のテクニカル指標です。相性が良いのは移動平均線やストキャスティクス。王道のテクニカル指標と合わせる事で、分析精度もあがります。

移動平均線とストキャスティクスを使ったテクニカル分析については「誰も教えてくれないFX初心者にもできるテクニカル分析」で書きましたので、合わせて読んでみてください☆


ペンタゴンチャートが使えるFX会社

ペンタゴンチャートは、レアなテクニカル指標なので取り扱っているFX会社が少ないのが難点です。ペンタゴンチャートが使えるFX会社は多くありません。その中でも私が一番おすすめなのがGMOクリック証券FXです。

私は、ツールの使いやすさやペンタゴンの描きやすさからGMOクリック証券FXのプラチナチャートを利用しています。基本的には申し込みから1日~3日程度で使えるようになるので、ペンタゴンチャートに興味を持った方はぜひ、GMOクリック証券で使ってみてください♪





会社名GMOクリック証券株式会社 
最小売買単位1万通貨
初回入金額0円
デモトレード
レビューGMOクリック証券の評価・評判


\ 申し込み無料 /
GMOクリック証券公式サイトはこちら



 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ツールにこだわれる!快適にFXができる会社

FX初心者でも安心!少額からFXができる会社

関連記事

元金融OL愛用☆FX会社 その1

  1. 004

    ヒロセ通商

    愛用度:1位
    http://hirose-fx.co.jp/
    最近リニューアルしたLIONチャートは今1番のお気に入り。複数チャートからちょっとマイナーなテクニカル指標まで搭載されているからFX初心者から上級者になっても満足できる取引ツール。しかも、約定率が99.9%と高いのでヒロセ通商なら安心して取引できる♪

元金融OL愛用☆FX会社 その2

  1. 004

    DMM FX

    愛用度:2位
    http://fx.dmm.com/fx/
    DMM.com証券は国内口座数第一位(2017年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2017年1月口座数調査報告書))。信頼性・ツールが使いやすい・スプレッドが狭い・業界初のLINEサポート実施・取引応援ポイントなど、個人投資家の取引サポート体制が充実している。特にスマホ取引がメインになる人はDMMFXのアプリが1番使いやすい。直感的に使えるし、チャート分析も注文もやりたいことを迷わないで出来てストレスなかった。

元金融OL愛用☆FX会社 その3

  1. 004

    GMOクリック証券FX

    愛用度:3位
    http://www.click-sec.com/
    GMOクリック証券は、2013年度オリコン顧客満足度No.1、取引高世界1位と多くのトレーダーから支持されているFX会社です。使いやすい取引ツール、狭いスプレッドで取引しやすいのでFX初心者にも自信持っておすすめできるFX会社です。

元金融OL愛用☆FX会社 その4

  1. 004

    みんなのFX

    愛用度:4位
    http://min-fx.jp/
    専用アプリケーションのインストールが不要のブラウザ型取引ツールが使いやすい!同口座で取引できるバイナリーオプション「みんなのバイナリー」も人気があります。相場のトレンドに合わせてチャンスを逃がさない取引が可能です。

元金融OL愛用☆FX会社 その5

  1. 004

    SBI FXトレード

    愛用度:5位
    http://www.sbifxt.co.jp/
    業界初の4桁スプレッド表示で、ギリギリまで狭いスプレッドを提示してくれているのでコスト面は文句無し☆ 驚きの1通貨からFXができるSBIFXトレード!1通貨からの取引でも手数料無料という有りがたいサービスも。コスト重視ならSBIFXトレードで間違いない!
当サイトを通じて口座開設した方の統計を元に、おすすめのFX口座を紹介しています。
最終更新日; 8月24日
DMMFX

人気記事ランキング

  1. DMM FXってどうなの?[評価/評判] 《元金融OL的レビュー》

    2017-08-23

    DMM FXってどうなの?[評価/評判] 《元金融OL的レビュー》

    DMM FXの総合評価はS!ツールをリニューアルしてオールインワンで管理ができるようになりツールの評判もよくなりました☆FX業界唯一のLINEでの24時間対応なども評判が高い!FX初心者でもDMM FXを初めて使った人にもサポートがしっかりしているので使いこめるFX業者だと思います!
  2. 独断と偏見でFX業者を評価してみた

    2017-08-23

    独断と偏見でFX業者を評価してみた

    FX業者を安定性、低コスト、使いやすさに注目してまとめてみました。個人の主観と使ってみた感想で分けてます。FXの口座開設の参考にしてください。
  3. ライオンFX(ヒロセ通商)ってどうなの?[評価/評判] 《元金融OL的レビュー》

    2017-08-23

    ライオンFX(ヒロセ通商)ってどうなの?[評価/評判] 《元金融OL的レビュー》

    ヒロセ通商の魅力は約定率99.9%と強い事、1,000通貨取引対応でドル円なら数千円で取引ができちゃう事!スプレッドも業界最高水準で狭いからガンガン取引できるし、しかも取引すればするだけキャンペーンを受けられる!ここまでサービスが多いFX会社はめずらしい!
  4. 少額でFX!1,000通貨取引ができるオススメFX業社

    2017-08-23

    少額でFX!1,000通貨取引ができるオススメFX業社

    少額でFXができるFX業者を厳選!更に1000通貨対応のFX業社を比較して、おすすめの業社をお教えします!少額取引ができるFX業者選びでまず気をつけることは、取引手数料。せっかく少額で取引ができるのに、取引手数料がかかったら意味がありません。
  5. 為替レートの不正操作が無いFX会社

    2017-08-15

    為替レートの不正操作が無いFX会社

    店頭FXでは通貨ペアの売買価格はFX会社に一任されているのを悪用して、為替レートを任意に操作して投資家から不正に利益を得ようとする悪徳FX会社もあります。
ページ上部へ戻る