誰でも分かるラッキーバンクの口座開設方法

ラッキーバンクの特徴や口座開設方法


お金を運用する


ラッキーバンクとはソーシャルレンディングサービス。すなわち投資をしたい方と、融資を受けたい企業を繋げるサービスです。

ラッキーバンクは日本初の不動産特化型のソーシャルレンディングサービスとして登場しました。利用者がラッキーバンクに出資し、ラッキーバンクから企業に融資をします。そして分配についてはこの逆の流れになります。

個人でも低リスクで投資をスタートできると人気のラッキーバンクについて紹介していきます。

ラッキーバンクのメリットって?

ラッキーバンクの特徴的なメリットは3つあります。 「リスクが低い」「低額でも投資ができる」「利率が高い」 ラッキーバンクで融資を受ける企業は必ず不動産担保を設定します。そのため貸し倒れする心配がほとんどありません。

投資可能金額は数万円から。案件にもよりますがだいたい7万円くらいからのものが多いようです。そして投資利回りは年6~10%(税引き前)と高くなっています。

最近では個人のアパート経営も流行していますが、初心者が手を出すにはリスクが高いという側面があります。しかし、ラッキーバンクなら特別な知識がなくてもリスクが低いのです。

ラッキーバンクの注意点

ラッキーバンクの注意点は、案件数にバラつきがあり、場合によってはあっという間に枠が埋まりやすいことです。気になる案件をみつけたらすぐに申し込む必要があります。 案件情報はHPから随時チェックできますが、申し込みについては口座開設済みであることが必須です。

気になる案件を逃さないためには事前に口座を開設しておくことがおすすめです。ラッキーバンクの口座開設には手数料等は一切かかりません。実際投資をするか不明な時点でも、とりあえず開設しておくと便利です。

また、同じ不動産担保のソーシャルレンディングのオーナーズブックでも口座開設することで、希望の案件が見つかりやすくなります。



ラッキーバンクの口座開設はどうやって?

ラッキーバンクの口座開設はネット上でできるので、店舗に来店等の必要がなく簡単です。 利用規約等のPDFに目を通してからフォーマットに情報を入力。

その後「投資家承認キー」が記載されたハガキが自宅に届きます。HPにログインし、その投資家承認キーを入力すれば口座開設完了となります。

フォーマットに情報を入力してから自宅にハガキが届くまで2~3営業日です。

口座開設はお手軽にできますが、募集案件は変動していく可能性が高いので、案件をみてから口座開設ではなく、口座開設後に案件を探すようにしましょう!

口座開設の流れ

  1. 公式サイトで無料口座開設ボタンをクリック
  2. 「確認および同意事項」で7つの書面を全て確認します。全てダウンロード⇒確認済みになったら「すべての確認事項と書面の内容に同意します。」の左のチェックボックスにチェックを入れて、「同意して投資家登録をする。」をクリックします。
  3. 資産状況・投資経験などに入力して「基本情報の登録へ」をクリックします。
  4. アドレス、住所、名前、電話番号など19項目を入力して、「勤務先情報登録へ」をクリックします。
  5. 勤務先の情報を入力して、「銀行口座情報登録へ」をクリックします。
  6. 後でアップロードする銀行口座情報を入力します。
  7. 今までの入力した内容を確認後、OKだったら、「投資家申請へ」をクリックします。
  8. 「ログインして書類送付説明へ」をクリックします。
  9. 登録済みのアドレス、パスワードを利用してログイン
  10. 「書類送付案内」をクリックします。
  11. 本人確認書類(運転免許証、住基カード・外国人登録証明書、個人番号カードまたはパスポート、現住所が記載された公共料金の領収書のいずれか1点)・登録銀行口座の預金通帳(通帳、キャッシュカードのいずれか1点)の画像ファイルをアップロードします。
  12. 後日、ハガキが届いたら記載されている「投資家承認キー」を使って称号完了したら口座開設完了です。

入力などは最短3分で終了します。そこから完了までは3営業日以内です。思っているよりずっと簡単に口座開設出来てしまうので、気軽に始められます。

まとめ

特に他の資産は所持しておらず、預金のみが資産という方が一般的な不動産投資を始めるには、借入を行う場合がほとんどです。たくさん借入をするとリスクが高く、場合によっては高額な負債を抱えてしまう可能性もあります。

しかし、ここまでご紹介したように、ラッキーバンクであればリスクが低く、低額でも投資ができます。感覚的には資産運用に近いかもしれません。

あまり不動産投資の知識がない場合でも始めやすいと注目され、ラッキーバンクの利用者は増加中です。

ページTOPに戻る

【おススメ!】元金融OLが愛用中の口座

人気記事ランキング

このサイトについて

著者紹介

名前:元金融OL (鼻炎)
金融機関でOLをしているときにFXで溶かした200万を取り返したので、次は1億稼いでハワイに移住する事を目標に日々FX取引をしています。