そろそろ「FXとは」にも答えておきますか

FXとはどんなもの?


FX初心者に教える元金融OLのFX入門
外貨

時々、ニュースや雑誌などで目にするFX。「FXって難しそう」という印象があるとの声を多く聞きます。いやいやそんなことはありません('ω')ノ

実は、FXとは投資の中でもルールが理解しやすく、投資初心者の人でも挑戦できます。学生、主婦、サラリーマンなど幅広い層から支持を受けている投資となっています。

まずは、FXについての理解を深めるために、FXとはどんな物かという事を元金融OLが簡単に説明していきたいと思いまーす。



FXとは円と外貨の「両替」をする取引

「現在1ドル○円です」という言葉、ニュースなどでもよく聞くと思います。

FXとは、もし円が安いときに外貨を買って円が高くなったら売り、そこで出た差額が利益になるのです。つまりFXとは、ものすごく単純に言えば上がるか下がるかを予想して売買する投資ということになります



FXと外貨両替で違うのは手数料

外貨両替があるのに、なぜFXが誕生して人気が出たかというと手軽さや手数料の仕組みが全然違うからです。外貨両替の場合は、銀行や両替所に行かなければいけませんが、FXの場合はネット上のみで自宅にいながら取引ができます。ベットでごろごろしながらスマホで取引なんかもできますよwww

また、両替所では手数料が換金額の1%~10%取られるのに対して、FXは手数料(スプレッド)が1通貨あたりに0.3銭程度です。コストになってしまう手数料(スプレッド)が安いのが外貨両替ではなくFXが選ばれている理由です。

手数料はFX会社で異なりますので最初に選ぶ時の比較ポイントになってきます。





FXは実際の投資金額よりも何倍もの資金を使って取引ができる

FXで「初期資金何万円から何百万稼いだ」なんて事はよく聞く話ですが、少ない資金から何故そんなに利益を手にすることができるのか?実はFXにはレバレッジというものがあります。レバレッジとは、投資金を「証拠金」という扱いにし、投資資金の25倍までの金額で取引ができる仕組みです。

例えば、1万円を証拠金で入金すれば25万円分の取引が出来るという事です。大きな金額を運用して、利益を出すのが基本となっています。ほとんどの会社ではレバレッジを自分でコントロールする事が出来るのでリスクコントロールがしやすいというメリットもあります。レバレッジを大きくすれば、利益も損失も多くなりますし、小さくすれば利益も損失も少なくなります。

つまりレバレッジという仕組みによってFXは投資金が少額でも大きく利益が狙える事があるのです。

自分の設定次第でハイリスクハイリターン、ローリスクローリターンにできるのです。FXは自分のさじ加減一つで色んな取引ができるのです。

また、取引の通貨単位も選ぶことができて、その範囲もFX会社によって違います。1000通貨単位から取引できるFX会社、10000通貨単位からしか取引ができないFX会社があるので、自分の取引スタイルに合わせて選ぶことをおすすめします。例えば少額で始めたいのであれば1000通貨単位のFX会社を選ぶ!みたいな感じです。





FXでは「為替差益」と「金利差益」の2種類で利益を得る

FXには上記でも書いた両替の差額を利用した為替差益で利益を得る方法と、金利で利益を得る2種類の方法があります。

FXでは、外貨を持っているとその国と国ちの金利差が1日ごとに付与されます。金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買えば、持っていれば持っているだけ金利がたまっていくので、長期的に外貨を保有して金利で利益を得てそれだけで生活しているFXトレーダーも多くいます。

個人の取引スタイルや、FXに割ける時間などで為替差益で利益を狙うか、金利差益で利益を狙うかを自由に選べます。



FXは24時間取引ができる

FXの人気の理由の1つに「24時間取引できる事」があります。FXとよく比べられる株式投資では市場が15時でしまってしまいますが、FXの場合はほんの僅かなメンテナンス時間を除いて平日は24時間取引をできるのです。

それではなぜFXは24時間取引できるのか?実はFXの市場は東京の他にもロンドンやニューヨークなど世界の様々な国にあるのです。例えば東京の市場がしまっている時間でも他にあいている市場があるから24時間取引ができるのです。

こういったと所から子育てが忙しい主婦や仕事にでてる会社員、大学生なども取引する時間がたっぷり持てるので人気があるのです。昼間は時間が無いけど、会社から帰宅後なら取引時間が持てるって人が結構いるので、おすすめな副業として取り上げられるのもこういったところからですね。



FXの5大リスク

FXをやるにあたって必ず理解しておかなければいけない事があります。

それはFXには5大リスクがあるという事です。

そのリスクとは為替変動リスク、金利変動リスク、流動性リスク、FX会社のシステム障害リスク、FX会社の倒産リスクの事です。この5つをしっかり理解しておくことで数多くある中からのFX会社選びの参考にもなるでしょう。



まとめ

ここでは「FXとは」について解説していきましたが、それが分かったら次は何をすればいいのか? 以下の記事を読んでみて下さい。このサイトを一通り見てもらえればFXの始める準備は完了すると思います。



ページTOPに戻る

【おススメ!】元金融OLが愛用中の口座

人気記事ランキング

このサイトについて

著者紹介

名前:元金融OL (鼻炎)
金融機関でOLをしているときにFXで溶かした200万を取り返したので、次は1億稼いでハワイに移住する事を目標に日々FX取引をしています。