いま、一番気になるビットコインの始め方を完全チェック!!

ビットコインの始め方


お金を運用する


ビットコインは仮想通貨の1つですが、世界で最も有名な仮想通貨です。元々サトシ・ナカモトと言う人物が研究の延長線上として始めたものでしたが、徐々に通貨としての価値を持つようになり現在に至ります。

やっぱり無駄な説明はやめます。ビットコインについて知りたい人にとって、こんな前置きは必要ないものだと思います。始め方や投資としてどうやって利益を出すのかって言う事だけを知りたいはずです。「こんなだらだらどうでもいいことを書くからみんな途中で離脱しちゃうんだよ!」そんな声が聞こえてきそうですね。私だったらそう考えると思います。

と言う事で今回の記事ではビットコインを知りたい人が本当に知りたい内容だけを頑張って簡潔にまとめましたので最後まで読んでみて下さい。



ビットコインの始め方

ビットコインを始め方の手順をなるべく簡潔に分かりやすく伝えます。 読んでもらえればすぐに理解できるはずです。

ウォレットを選ぶ

ビットコインのウォレットは財布や口座のようなものだと思って下さい。ウォレットは必ずしも必要なものではありませんが、ウォレットを持たずに取引所に置きっぱなしにした場合には、ハッキングの被害にあって仮想通貨が無くなってしまった過去の事件のような被害に遭わないとも限りません。

私の見解では「ビットコインはしっかりウォレットに保管した方がいい」です。ただビットコインのウォレットには色々な種類があります。それぞれのウォレットのメリット、デメリットについてはしっかり把握しておきましょう。

・ウェブ上ウォレット
インターネット上のサービスを利用して管理するのでサービス選びが重要。使い勝手はいいけど、セキュリティ面は不安。ハッキングで盗まれる可能性ありなのでセキュリティソフトなどの対策が不可欠。どのPCからでもアクセス可能です。

・デスクトップウォレット
インストールして利用するので、オフラインで利用可能。ウエブ上ウォレットに比べると時間や手間がかかるけど、セキュリティ面は強い。

・ハードウエアウォレット
ハードウェアで保管するので、繋がっていない時はオフラインで保管できる。故障したら通貨を失ってしまう可能性もある。

・モバイルウォレット
ストアからアプリをダウンロードして使う。ビットコイン利用可能店での会計に便利。ウエブ上ウォレット同様にセキュリティ面では不安。

・ペーパーウォレット
セキュリティ面が抜群だけど、無くさないようにしっかり保管しておかないと大変な事に。使い勝手は良くないけど、セキュリティ面では一番強いので、長期保管する際には便利。

それぞれにメリット・デメリットがあるので、しっかり把握して状況によって使い分けるのが賢いやり方。

販売所・取引所を選ぶ

ウォレット作成後はビットコインを手に入れる必要があります。手に入れるのには販売所・取引所で購入する事が一般的です。

販売所はビットコインを売っている場所、取引所はビットコインの売買を行う場所です。その場を通して個人間で売買するのです。買いたい人と売りたい人がマッチすると売買が成立します。

取引所は沢山あり、その中から選んでください。取引手数料、レバレッジ、取引手法など比較するポイントが幾つかありますので、自分に合った取引所を選びましょう。FX会社選びと似ていますね。



ビットコインを使う

ビットコインを使えるお店はWEB上や店舗として日本国内に沢山あります。ビットコインは売買のレートだけで儲けるだけでは無く、実際にお金として何かを交換する事が出来ます。

ビットコインが使えるお店はどんどん増えていて、2017年の夏には26万店舗で使えるようになるなんて話もあります。今後は持っていないと時代遅れなんて時代もきそうですよね。というかきます!

ビットコイン始め方のまとめ

ビットコインは難しいようでFXや株などの投資とあまり変わりません。ウォレット選び、取引所選びをしっかりする事がそのままリスクヘッジに繋がります。

ビットコインは年々人気に拍車がかかっていますが、今後は必ず「ビットコインを持っているのが当たり前」の時代がやってくるはずです。

みんなに差をつけるなら、もう今から始めるしかありません。出来るだけ早く始めるのが賢い人だと思います。

ページTOPに戻る

【おススメ!】元金融OLが愛用中の口座

人気記事ランキング

このサイトについて

著者紹介

名前:元金融OL (鼻炎)
金融機関でOLをしているときにFXで溶かした200万を取り返したので、次は1億稼いでハワイに移住する事を目標に日々FX取引をしています。