FXと先物の違いって何?元金融OLの投資講座

FXと先物って何がちがうの?


外貨を持つ手

FXとは

FXとは通貨の売り買いをして利益を得る投資です。通貨は毎秒、価値が変わっています。安いときに買って高く売るというのが基本の取引です。

FXの場合は売りから取引を始めることができるので、高く売って安く買い戻すという事もできます。ですので円高でも円安でも、どのタイミングでも取引で利益を狙う事ができます。景気に関係なく利益を出すことが出来るのがFXのメリットです。

また、円を介さないで外貨と外貨での取引も出来るので取引する商品には困りません。


先物とは

先物取引とは商品の将来の価格を予想して取引を行います。石油や貴金属、エネルギーなどの商品が一定期間後に高くなっているかを予想するような取引です。

例えば、現在大根が1本100円だったとします。将来的に1本120円まで値上がりしそうだと予想したら100円のうちに大根を予約しておきます。そして、大根の価格が120円まで上がったら売却するというように取引をしていきます。

そして先物取引には取引期限があります。決められた期日までに売買しますという、商品の取引を予約するというのが先物取引です。


FXと先物の違いを表で分かりやすく説明

FX先物
取引商品通貨石油・貴金属・穀物
取引期日なしあり
取引方向売り買い両方売り買い両方
取引形態相対取引・取引所取引取引所取引
手数料などなしなし


FXと先物は共通点の多い投資商品です。大きく違うのは取引期日の有無です。FXの場合は売買するのに期日はなく、完全に自由です。まだ決済するのは早いと感じたら、ずっと通貨を持ち続ける事もできます。

先物取引の場合は商品の売買の約束をするような取引なので、売買期日が決まっています。

どちらにも一長一短はあります。取引期日が決まっている場合、もう少し待てば利益がでるのに…という状態でも決済をしないといけません。取引の自由度がないので、購入時点での読みが全てになります。

ですが長所としては自分で決済タイミングを決める必要がないので、必要以上の損失を膨らませる事がありません。損失が出ている状態で決済するのは人間の心理的に踏み切れない事が多く、結局損失が大きくなってから決済に踏み切るというパターンが多くあります。

期日のありなしは、自分の性格で決めてもいいですし、生活スタイルで決めても良いのではないでしょうか。個人的には、利益コントロールのしやすいFXの方がおすすめです。 FXを始める時におすすめのFX会社を2つピックアップしました。初心者でも分かりやすく、総合的にもトップクラスのFX会社なので、参考までに!↓↓↓

タイアップで最大24,000円!DMMFXの公式サイトで詳細確認!

元金融OLがメイン口座にしているヒロセ通商の公式サイト 




関連記事:【FX入門】FX初心者でもわかるFXのやり方

ページTOPに戻る
厳選!おすすめのFX口座
人気記事ランキング
このサイトについて

著者紹介

名前:元金融OL(鼻炎)
FXで大損こいて、OLしながらコツコツ貯めた約200万円の貯金を溶かしたがFXで取り返した。次は1億稼いでハワイに移住する事を目標に日々FXをしている。