指標スキャルピングで稼ぐ

指標発表時はスキャルピングのチャンス!

経済指標の発表時は、びっくりするくらい値動きが大きくなる!指標スキャルピングで1分で100万円稼ぐ人なんて当たり前にいたりしますΣ(´Д` )

指標発表時は値動きが瞬間的なので、じっくり考えて取引なんて事をしていると置いてけぼりにされます。指標スキャルピングがどんな物か、どうすれば上手く取引できるか、今回は、指標発表時のスキャルピングで覚えておきたい事&FX業者のスプレッド比較をします。


指標スキャルピングとは?

指標発表時の数秒を狙って取引することを「指標スキャルピング」と言います。テクニカル指標を使わないで取引するので、取引における余計な手法を覚える必要もなく、初心者でも取引がしやすい手法です。スキャで口座凍結?なんて噂もありますので、FX会社選びにだけは注意しましょう。

どんな相場で取引するといいの?

基本的にスキャルピングは相場の波が激しい時の方が利益をだしやすいです。なので指標スキャルピングをするのは重要な指標発表時の相場が狙い時です。米ドルを介した通貨で取引する場合は、第1週目の金曜日に発表される雇用統計FOMCが注目が高いです。

各国(通貨)ごとに相場が動きやすい経済指標というものが存在するのでよく注目しておくようにしましょう。


1月雇用統計の相場動向



どのタイミングでエントリーする?

指標スキャルピングは、「指標発表前(1分前)に1秒間でスプレッドの1.5倍以上レート価格が動いたら、トレンドにのっとって注文を入れる」と決めておくとイイですよ。

例えば、米ドル0.3pipsで、レートが1秒間で0.5pipsまで上昇したら、そのまま上昇トレンドが続くと予想し、売りシグナルを入れるといった感じです。

単純な方法ですが、指標スキャルピングは、すばやい取引の中で何度も取引を行うものなので、確実に勝てる取引手法というのはなく、ある程度は慣れや感覚でやっていく必要があります。すばやい値動きが見れるように時間足は1分足に設定しておくと分かりやすい。もちろん最初に時間足である程度の流れを見ておく事も重要です。


発表の前に勘でエントリーするのは辞めておけ!

指標発表前のエントリーには要注意です。ある程度、相場の動向が読めたと思い、指標発表1分前にエントリーしたとしても、相場発表時の値動きは予想以上に大きく動きます。

自分の予想が当たってそのまま上昇すればいいですが、外れた時には大きな損失を出してしまいます。指標発表時か指標発表から1分以内の相場が一番好ましいと思います。


指標スキャルで特に注意するのはスプレッド幅

指標スキャルピングの前に、必ずチェックしておかなくてはいけないのがスプレッド幅です。一度スプレッドの幅を見れば、大きく動くことはないだろうと思いがちですが、ほとんどのFX会社は指標発表前からスプレッド幅が広がってくる傾向があります。

FX会社によっては、レートが変わる瞬間も動くレートも違うのです。なので、指標スキャルピングをする前に、スプレッドが安定した業者、レートが早く出る業者というのを探しておく必要があります。


指標スキャルはコストをまず抑えて!スプレッドの狭い業社はココ!

社名米ドル円ユーロ円英ポンド円豪ドル円
ヒロセ通商
詳細
0.3銭0.5銭1.0銭0.7銭
GMOクリック証券
詳細
0.3銭0.5銭1.0銭0.7銭
外為ジャパン
詳細
0.3銭(原則固定)0.5銭(原則固定)1.0銭(原則固定)0.7銭(原則固定)
みんなのFX
詳細
0.3銭(原則固定)0.4銭(原則固定)0.9銭(原則固定)0.6銭(原則固定)
マネックスFX
詳細
0.2銭(1万通貨未満の場合)0.4銭(1万通貨未満の場合)0.9銭(1万通貨未満の場合)0.5銭(1万通貨未満の場合)
マネーパートナーズ
詳細
0.3銭0.6銭1.1銭0.7銭

指標スキャルで欠かせない約定力にも注目!

指標発表時は、全世界のFXトレーダーが注目しているときです。必然的に取引が集中するので、サーバーが強いFX会社でないと、約定しないといったトラブルが起きることがよくあります(;´Д`) せっかくの取引チャンスを、FX会社のせいで逃すこともあるんです。


指標スキャルでもサクサク取引できる約定力&約定スピードのヒロセ通商

【元金融OLのおすすめポイント】
・世界最速水準の約定スピード最速0.001秒
約定率99.9%と指標発表時にもサクサク取引できる
・スプレッドが狭いからコストを気にしないで指標スキャルができる
・チャート上にニューステロップが流れるので、指標結果がすぐに分かる
・決済pip差注文が使えるので、決済のタイミングを予め設定しておける

【ここがちょっと…】
・注文Lot数を設定するボタンが小さい

約定スピード0.001秒!スピード重視のFXができる
ヒロセ通商
↑ ヒロセ通商公式サイトで詳細情報を読む ↑



スピード重視の注文ツール「はっちゅう君」が使えるGMOクリック証券

【元金融OLのおすすめポイント】
・1クリックで注文が出来るから注文作業に手間取らず、値動きに集中できる
・注文画面の立ち上げが速いので、イレギュラーな動きをして追加注文したい時もすぐに対応できる
・GMOインターネット株式会社のグループ会社でシステム関連が強いからサーバー落ちの心配がない

【ここがちょっと…】
・スプレッドが結構広がる時がある

1クリックで注文完了!指標時もスムーズに取引
GMOクリック証券
↑ GMOクリック証券公式サイトで詳細情報を読む ↑


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ツールにこだわれる!快適にFXができる会社

FX初心者でも安心!少額からFXができる会社

関連記事

元金融OL愛用☆FX会社 その1

  1. 004

    DMM FX

    愛用度:1位
    http://fx.dmm.com/fx/
    特別タイアップキャッシュバックキャンペーン中!新規口座開設+取引で最大24,000円プレゼント!取引高に応じてポイント還元サービスあり

元金融OL愛用☆FX会社 その2

  1. 004

    ヒロセ通商

    愛用度:2位
    http://hirose-fx.co.jp/
    新規口座開設+取引で最大50,000円キャッシュバック!乗り換えの方は最大52,000円!その他取引高に応じたキャッシュバックキャンペーン開催中

元金融OL愛用☆FX会社 その3

  1. 004

    GMOクリック証券FX

    愛用度:3位
    http://www.click-sec.com/
    新規口座開設+取引で最大30,000円キャッシュバック!

元金融OL愛用☆FX会社 その4

  1. 004

    みんなのFX

    愛用度:4位
    http://min-fx.jp/
    新規口座開設+取引で最大50,000円キャッシュバック!
当サイトを通じて口座開設した方の統計を元に、おすすめのFX口座を紹介しています。
最終更新日; 4月19日
DMMFX

人気記事ランキング

  1. DMM FXってどうなの?[評価/評判] 《元金融OL的レビュー》

    2019-04-12

    DMM FXってどうなの?[評価/評判] 《元金融OL的レビュー》

    DMM FXの総合評価はS!アプリが使いやすい、スプレッドが狭いなど評判が良いDMM FX。初心者の方も、FX歴10年以上の方も愛用できる口座です。2019年も大好評の最大24,000円キャッシュバックタイアップキャンペーン開催中!
  2. 独断と偏見でFX業者を評価してみた

    2019-04-12

    独断と偏見でFX業者を評価してみた

    FX業者を安定性、低コスト、使いやすさに注目してまとめてみました。個人の主観と使ってみた感想で分けてます。FXの口座開設の参考にしてください。
  3. ライオンFX(ヒロセ通商)ってどうなの?[評価/評判] 《元金融OL的レビュー》

    2019-03-05

    ライオンFX(ヒロセ通商)ってどうなの?[評価/評判] 《元金融OL的レビュー》

    ヒロセ通商は評判がいい!評判良い理由を教えます。ヒロセ通商の魅力は約定率99.9%と強い事、1,000通貨取引対応でドル円なら数千円で取引ができちゃう事!スプレッドも業界最高水準で狭いからガンガン取引できるし、しかも取引すればするだけキャンペーンを受けられる!ここまでサービスが多いFX会社はめずらしい!
  4. GMOクリック証券(FXネオ)ってどうなの?[評価/評判] 《元金融OL的レビュー》

    2018-10-07

    GMOクリック証券(FXネオ)ってどうなの?[評価/評判] 《元金融OL的レビュー》

    GMOクリック証券は、取引高第1位と国内外問わずに多くのトレーダーに支持されているFX業者です。なぜGMOクリック証券に人気があつまるのか?何が使いやすいのか?を紹介していきます。
  5. 少額でFX!1,000通貨取引ができるオススメFX業社

    2019-04-12

    少額でFX!1,000通貨取引ができるオススメFX業社

    少額でFXができるFX業者を厳選!更に1000通貨対応のFX業社を比較して、おすすめの業社をお教えします!少額取引ができるFX業者選びでまず気をつけることは、取引手数料。せっかく少額で取引ができるのに、取引手数料がかかったら意味がありません。
ページ上部へ戻る