老後資金の足りない分は補うのは間違いなく資産運用

元金融OLが勧める老後のための資産運用


お金を運用する


年金額は年々減少してきているし、このままでは老後の資金も足りなくなってしまうのではないかと心配されている方も多いのではないでしょうか?

最近は銀行にお金を眠らせておくのではなく資産運用に充てている方も多くいます。そこで今回は老後資金の補填として注目されている資産運用の方法を、紹介していきたいと思います。

不動産投資

不動産投資とは不動産(アパートやマンション等)を購入し、その家賃収入より利益を得る方法と、購入した不動産の価値が上がったときに売却をして、その差額益を得る方法と2種類あります。しかし老後資金の補填として考えた場合は家賃収入による収益が主流となります。

また家賃収入もマンションの一室に投資するものから、一戸建て、アパート、マンションの購入と様々です。また新築と中古ではその収益やリスクも異なってきます。現在土地を所有している方などはその分の投資は不要ですし、不動産経営の知識がなくても専門知識を持つサポート会社に任せることも可能です。

不動産投資は家賃収入という安定した長期収入を得ることができるため、老後のための資産運用として注目されています。

金投資

金投資は金を購入してその価格変動から収益を得る方法です。金は世界で共通した資産価値が認められていて、少額でも投資可能なので初心者でも始めやすい投資方法といえます。

金の相場は長期的にみると上昇している傾向があるので、短期で収益を得るのは難しくなりますが長期で見るとリスクは少ないかもしれません。

また、金は実物資産のため価格の変動はありますが資産価値が0になることはありません。その点でも株式投資等よりはリスクは少ない投資といえます。



個人向け債権

個人向け債権のメリットとして少額から購入することができますが、大きな利回りを期待することは難しい投資です。しかし元本割れの心配がないため、安心して始めることができます。

また最低金利保証(下限金利0.05%)がついているので一般の定期預金よりは、金利は高い傾向があります。絶対に元金は減らしたくないという方にはお勧めの投資です。

FX

資産運用の中でも一番のおすすめがFXです。FXのメリットは、少額から始められる、忙しい人でも始められる事です。

何と言っても、私でも出来るんだからみんないけるでしょ!というか今はある程度ほったらかしで運用出来るフルオートリピート系注文もあるし、勉強嫌いな人でもガンガン利益を出せる可能性がありますよ。このサイトでも色々紹介しているので参考にして下さいね。



まとめ

上記に上げた以外にも様々な資産運用の方法はありますが、100%リスクがない、必ず高い利益があるといった資産運用はありません。そのため資産運用を始める前には必ず、運用に回せる資金を計算しなければいけません。老後の生活スタイルを考え余裕のある資産運用を始めることが大切になります。

ページTOPに戻る

【おススメ!】元金融OLが愛用中の口座

人気記事ランキング

このサイトについて

著者紹介

名前:元金融OL (鼻炎)
金融機関でOLをしているときにFXで溶かした200万を取り返したので、次は1億稼いでハワイに移住する事を目標に日々FX取引をしています。